写真・図版 米EV大手テスラは、操業を3週間停止している中国・上海工場を、現地当局の許可を受けて週明けの18日に再開する方向で準備している。関係者2人が匿名を条件に語った。写真はテスラの上海工場で2020年1月撮影(2022年 ロイター/Aly Song)

[PR]

 [上海 15日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラは、操業を3週間停止している中国・上海工場を、現地当局の許可を受けて週明けの18日に再開する方向で準備している。関係者2人が匿名を条件に語った。

 浦東新区に位置するテスラの工場は、新型コロナウイルス対策として上海市当局がロックダウン(都市封鎖)を始めたことを受け、先月28日に停止した。

 関係者によると、工場再開は市当局の許可を取得した上での計画だが、市内の感染状況により変更する可能性は残されている。 テスラは生産を1シフトで開始し、段階的に増強する方針だとされる。