写真・図版 5月6日、関係筋によると、中国の電池メーカー、寧徳時代新能源科技(CATL)は、米国で電気自動車(EV)向けの電池を生産することを計画している。写真は2018年8月福建省で撮影(2022年 ロイター)

[PR]

 [6日 ロイター] - 関係筋によると、中国の電池メーカー、寧徳時代新能源科技(CATL)は、米国で電気自動車(EV)向けの電池を生産することを計画している。

 同社が米国でEV用電池を生産するのは初めて。BMW、フォード・モーター向けに電池を供給する。

 工場の建設候補地はサウスカロライナ州とケンタッキー州で、最終調整を進めている。

 サウスカロライナ州に工場を建設する場合は、2026年の生産開始を目指す。

 CATLはコメントを控えている。