写真・図版 英銀大手バークレイズは24日、株式資本の削減を目的とした10億ポンド規模の自社株買いプログラムを開始した。資料写真(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

[PR]

 [ロンドン 24日 ロイター] - 英銀大手バークレイズは24日、株式資本の削減を目的とした10億ポンド規模の自社株買いプログラムを開始した。前日に米国当局に関係書類を再提出したことを受けた。

 同行は、3月に販売許可を超える仕組み商品を販売していたことが判明し、年次報告書(20─F)の再提出が必要となっていた。自社株買いは遅くとも9月30日には終了する予定だ。