写真・図版 S&Pグローバルが24日発表したドイツの5月のサービス部門購買担当者景気指数(PMI)速報値は56.3と、前月の57.6から低下したものの、好不況の分かれ目となる50は5カ月連続で大幅に上回った。写真はデュイスブルクの工場で2020年1月撮影(2022年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[PR]

 [ベルリン 24日 ロイター] - S&Pグローバルが24日発表したドイツの5月のサービス部門購買担当者景気指数(PMI)速報値は56.3と、前月の57.6から低下したものの、好不況の分かれ目となる50は5カ月連続で大幅に上回った。 

 ただ、物価上昇、市場の不透明感、供給の問題で需要に圧力がかかり始めている兆しがある。

 市場予想は57.2だった。

 製造業PMIは54.7と、前月の54.6から上昇。ロイターがまとめた市場予想は54.0だった。

 総合PMIは54.6と、前月の54.3から上昇し、市場予想の54.0を上回った。

 S&Pグローバルのエコノミクス・アソシエート・ディレクター、フィル・スミス氏によると、製造業では新規受注が2020年6月以来のペースで減少。特に新規輸出受注が大きく減少した。生産を続けるため、受注残に依存したという。

 顧客を巡る不透明感、強い物価圧力、供給混乱、中国の新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)が需要の重しとなった。

 同氏は「ロックダウン後のサービス活動の回復が引き続きドイツ経済の力強い追い風となっている」と指摘。「製造業は生産を支えるため、以前にも増して受注残に依存するようになっている。新規受注は一貫して減少しており、モノの需要が引き続き低迷すれば、製造業の成長見通しに影を落とすことになる」と述べた。