写真・図版 5月24日、ECB理事会メンバーであるビルロワドガロー仏中銀総裁は、ブルームバーグTVに対し、中銀預金金利を一度に50bp引き上げることは理事会の総意ではないと述べた。写真はパリで2021年10月撮影(2022年 ロイター/Sarah Meyssonnier)

[PR]

 [フランクフルト 24日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるビルロワドガロー仏中銀総裁は24日、ブルームバーグTVに対し、中銀預金金利を一度に50ベーシスポイント(bp)引き上げることは理事会の総意ではないと述べた。

 総裁は、23日のラガルドECB総裁のブログに触れ、「ラガルド総裁が昨日、総意を表明した。50bpの利上げは現段階では総意ではない」と述べた。