[PR]

 オリックス(8591)が買われて大幅続伸。午前10時4分時点で前営業日比74.5円(5.9%)高の1345.5円で取引されている。当社はリースをはじめ保険や不動産など金融関連業務を幅広く展開しているが、2日の引け後に今2021年3月期の第2四半期累計(2020年4~9月期)連結決算(米国基準)を発表。売上高にあたる営業収益が1兆0847億円(前年同期比4.5%減)、純利益は938億円(同41.0%減)だった。サービス収入や有価証券売却・評価損益などが減少した。併せて従来未定だった通期について純利益1900億円(前期比37.2%減)という予想を公表。年間配当は76円を継続する方針も示した。同利益水準はアナリスト予想の平均値(2044億円)を下回ったが、同時に発行済株式総数の4.0%にあたる5000万株、金額で442億円をそれぞれ上限に自己株式の取得を行うことを明らかにした。今期の業績を株価はすでにある程度織り込んでいると見られ、自己株買いを好感した買いが増加している。11月9日から21年3月31日の期間に買い付ける計画だ。