[PR]

 モリテック スチール(5986)は商いを伴って大幅続伸。午前11時26分時点で前日比67円(18.7%)高の426円で東証1部の値上がり率銘柄ランキングのトップとなっている。当社は特殊帯鋼主体の商事部門と焼き入れ帯鋼・板金加工品の製造・販売が事業の両輪で自動車業界向けの依存度が大きいが、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)用のケーブル自動巻取り式充電スタンドの製造・販売も手がけている。これが今後の世界的なEV普及の加速を追い風に需要が伸びるのではないかと材料視した個人投資家の資金が流入。戻り待ちや短期の利益確定売りを吸収して戻りを試す展開となっている。新型コロナ感染症の影響で今2021年3月期は営業赤字に転落する見通しだが、来2022年3月期の業績回復を先読みする動きもあるもよう。短期的な値動きの良さ自体が値幅取り狙いの資金流入を誘っている面も大きいとみられる。