[PR]

自動車向け精密ばねと工業用ファスナーが両輪のパイオラックス(5988)が大幅続伸。前日は値幅制限の上限となるストップ高で取引を終えていたが、本日も買い注文が続いて1月5日につけた年初来高値を更新しており、午前10時8分時点では前日比168円(10.0%)高の1848円で取引されている。昨日の取引時間中だった午後1時に配当政策の変更とそれに伴う今2023年3月期の大幅増配を発表し、直後から買い注文が膨らんだ。新しい配当政策では23年3月期から25年3月期までの3期間は自己資本の積み増しの抑制とグループキャッシュマネジメントの徹底により、連結配当性向100%を目標に配当を実施していくと表明。同時に今期の年間配当を従来の50円から127円に増額する方針も明らかにした。これを好感して前日は一気に300円ストップ高の1680円まで買い進まれて大引けとなったが、これを基にした配当利回りはなお7.6%と高く、本日も買いが継続している。