[PR]

 代理店を通じた電力小売り事業を展開しているイーレックス(9517)が急落した。3日続落。一時は1002円まで下落し、3月13日の年初来安値1055円を更新した。午後1時32分現在、前営業日比207円(16.34%)安の1060円で推移している。 7日にSMBC日興証券とみずほ証券を割当先とする第三者割り当てにより、行使価格修正条項付第3回新株予約権を発行すると発表し、株式需給の悪化を懸念する動きとなった。発行する新株予約権数は8万個(潜在株式数800万株)。潜在的な希薄化は15.7%に達する。割当日は9月23日。調達資金約101億6300万円はカンボジアの水力発電に対する投融資資金や大型バイオマス発電所建設資金、M&Aの投資資金に関する借入金の返済などに充てる。