[PR]

正社員の技術者を企業に派遣しているメイテック(9744)が後場に入りプラス転換した。大幅反発。午後2時04分現在、前営業日比410円(6.2%)高の7000円で推移している。一時は7060円まで上伸し、9月14日の年初来高値7000円を更新した。本日午前11時30分に2022年3月期の上期(2021年4~9月)決算と通期業績予想・期末配当計画の開示、自己株式の取得を発表し、好感された。上期決算は従来予想から上振れ着地した。上期好調を受け通期の営業利益は123億円(前期比20.2%増)、純利益は84億円(同19.5%増)を見込む。中間配当は従来予想から1円増の78円50銭。期末配当は107円を実施する。年間配当は前期比1円50銭増の185円50銭。また、自己保有株を除く発行済み株式数の2.21%に当たる60万株、取得金額34億円を上限に自己株式を取得する。自己資本や資金残高の充実度合いに特段の懸念がないため利益配分に関する基本方針に従って実施する。取得期間は10月29日から2022年2月28日まで。