[PR]

東京・多摩地区から北関東に食品スーパーを展開しているエコス(7520)が4営業日ぶりに大幅反発した。午後0時39分時点、前日比50円(2.7%)高の1890円で推移している。一時は1900円まで上伸した。19日に自己株式の取得を発表し、株式需給の改善や実質1株利益の上昇を期待した買いが活発化した。自己保有株を除く発行済み株式総数の2.58%に当たる30万株、取得金額6億円を上限に自己株式を取得する。資本効率の向上、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を目的にしている。取得期間は2022年4月25日から2023年4月24日まで。株価は2021年1月以降、1740~2110円のボックス圏で推移しており、自己株取得を受け同ボックス圏内で切り返す動きとなった。