[PR]

モーター世界大手の日本電産(6594)が大幅に3営業日続伸した。午後2時19分現在、前日比234円(2.6%)高の8960円で推移している。後場に入り買い優勢の展開が強まり、一時は8998円まで上伸した。本日、前2022年3月期連結決算の発表を控えており、今2023年3月期の好業績見通しを期待した先回り買いが活発化している。2023年3月期は機器装置の増勢が継続し、EV(電気自動車)向けを軸に車載用の需要が拡大する見通し。「会社四季報」春号では2023年3月期の営業利益は2100億円(2022年3月期会社計画比10.5%増)、純利益は1550億円(同4.7%増)の予想。前日には米テスラが1~3月期決算を発表、売上高がアナリスト予想を上回る前年同期比81%増の187億5600万ドルと大きく伸びたことも当社株への支援材料となっている。