[PR]

 オフィスやマンションなどの収益不動産を富裕層向けに組成・販売しているレーサム(8890)が大幅反発した。一時は1299円まで上伸し7月20日の年初来高値1205円を更新した。午後0時36分現在、前営業日比71円(6.0%)高の1261円で推移している。7月22日に発行済み株式数の21.57%に当たる800万株を7月29日に消却すると発表し、好感された。1株利益の上昇や株式需給の改善を期待する動きとなった。6月29日までに公開買付を行った800万株の自己株式の全株を消却する。自己株消却を機に好業績も見直された。2023年3月期の営業利益は125億円(前期比10.0%増)、純利益75億円(同13.1%増)の見通し。