[PR]

女性の就労支援や育児支援事業を展開するSERIOホールディングス(6567)が3営業日続落。午前10時12分現在、前日比38円(3.5%)安の1063円で推移している。13日引け後に2021年5月期業績予想の上方修正を発表したが、これを材料視した買いは限定的。今月に入り、「子ども庁関連銘柄」を物色する流れに乗って株価が上昇した経緯があり、利益確定売りが先行したようだ。営業利益予想を前回の2億8000万円から3億1900万円(前期比2.3倍)に増額。就労支援事業で請負事業における業務領域の拡大や新規案件獲得が順調に推移。経費コントロールが進んだのも寄与する。