現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ニュース
  3. ビジネス・経済
  4. コラム
  5. 私のミカタ
  6. 記事
2012年9月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

私のミカタ

今月のテーマ:働く女性の「社員研修」に関する意識について

株式会社イー・ウーマン

【9月第3回】コンプライアンス研修を、受けたことがない 51%

グラフ:あなたは、「コンプライアンス」について研修・講演を受けたことがありますか。拡大あなたは、「コンプライアンス」について研修・講演を受けたことがありますか。

 コンプライアンスという単語を耳にするようになって久しい。大企業の中では、コンプライアンスに関する担当がいないことは、ないだろう。一般的に、コンプライアンスとは、法令順守をさす。企業が、従業員の法令順守について教育することが求められているのだ。イー・ウーマンでは、法令を守るコンプライアンスの守りの姿勢を超えて、正しいことをするエシックス(倫理)という概念で企業研修やコンサルティングをすることも多いが、今回、イー・ウーマンに集まる働く女性たちに聞いてみると、なんと半数以上の人がコンプライアンス研修を受けていない、と回答。これは、働く女性が参加できる環境で、企業研修を行っていないということの可能性を意味する。あなたの企業では、誰に向けて、どのくらいの頻度で、コンプライアンス研修がおこなわれているだろうか。また、エシックスについてはどうだろう。振り返りのための良い機会と思われる。

【調査概要】

調査実施:2012年8月10日(金)11:00〜2012年9月3日(月)9:00

調査方法:インターネットによる自記入式アンケート  

対象:イー・ウーマンピア(http://ewoman.jp

有効回答数:回答 243人

イー・ウーマン

イー・ウーマンは、「生活」と「ビジネス」の両方の視点を持った働く女性たちの知恵を活かして経営課題を解決する、マーケティング及びコンサルティング会社。新商品開発からブランドコンサルティングなどを、企業などに提供。

エッセイ

写真

株式会社イー・ウーマン
代表取締役社長・佐々木かをり

人を育てる 育つ人になる

企業の業績は、人材で決まる。そう考える経営者は多いが、実際の会社内での研修プログラムはまだまだかい離があるようだ。全文へ>>

対談「佐々木かをりのwin-win」

経営者、スポーツ選手、モデル、ビジネスウーマンなどの各界の専門家と、イー・ウーマン代表の佐々木かをりの「ロング対談」。プロ意識やキャリアから、生い立ちまで、佐々木が引き出す相手の素顔が楽しみと、大人気の対談。毎週金曜日11時にサイトアップ。対談相手はすでに100名ほどに。

PR情報
検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介