アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe



むき出しの美

 車体の骨組みがむき出しになった2台。1台は一目瞭然だ。もう1台は車の内側で、突き出たフレームが幅を利かせている。ともにレース用の特別仕様というわけではなさそうだが、なぜ?

 いずれも、コンセプトは「爽快」「軽快」。ただ、その先に「タフさ」と「ワイルド」を求めるか、あくまで「軽さ」を極めるかで、完成図はずいぶん違ったものになった。

ダイハツ
ダイハツ D−BONE

 1台目はダイハツのオープンスポーツ4WD「D−BONE」。キャビンを基本的に幅広の金属枠だけで囲っている。ネイキッドバイクやバギーに通じる外観だ。ドアには窓ガラスや覆いがない。外からフレーム越しに見える車内。ドライバーは、足元を流れゆく路面を見ることができるだろう。

 軽乗用車のサイズに、659cc、直列3気筒、12バルブのDOHCターボエンジンを搭載する。車重は890キロ。

 単に「骨太」なだけでなく、悪天候や悪路などでの使用を想定し、床やシートには防水性、防砂性をもたせている。円と直線を基調にした内装は、随所に金属調の表面処理を施してあり、硬質感を増している。

車名に冠した「D」には、メーカー名の「Daihatsu」とともに、「Dynamic」の意味も込められている。さながら、「動的な骨」といったところか。



ホンダ
ホンダ IMAS

 もう1台は、ホンダのライトウエイト・スポーツカー、「IMAS」だ。車内空間を隔てるバー状の骨組みが露出している。

 運転席と助手席の座面の間から、アルミのフレームが前方へ突き出し、さらにダッシュボードを兼ねて左右に伸びる。印象は、決して粗野でなく、磨きこまれた金属パーツに近い。両席の間に座ってみたら、スポーツタイプの自転車にまたがった気分になりそうなデザインだ。

 メーカーが「ライニングレス・ネイキッド・インテリア」と呼ぶ、裏張り抜きの内装など、軽量化を徹底することで、重量は700キロになった。ハイブリッドエンジンや、0.20というCd(空気抵抗係数)値によって、リッター当たりの走行距離は40キロに達するという。

「風と一体となって走る、自転車感覚の爽快感を目指した」とメーカーは説明している。


検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission