アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe


ドライブの楽しさ、すべての人に
〜ホンダ・テックマチック装置〜
(ビデオ)フィット1.3Aテックマチック装着車

フィット1.3Aテックマチック装着車
フィット1.3Aテックマチック装着車

 「福祉車両」というと、実用性だけが注目されがち。しかし、障害者が乗るクルマだって「運転する楽しさを追求できるはず」と主張するメーカーがある。ホンダだ。

 ●上半身だけで運転

 東京モーターショーの試乗会にホンダが出展しているのは、フィット(1.3L)とオデッセイ(2.4L)。どちらも、上半身だけで操作できる運転装置「テックマチック」がついている。フィットは、ハンドルわきに取り付ける「コラム式」、オデッセイは床から取り付ける「フロア式」と構造の違いはあるが、操作方法はほぼ同じ。どちらも左手だけでアクセル、ブレーキ、ウインカー、ライトの操作ができ、足のペダルは一切使わなくても運転が可能だ。

 実際に乗ってみた。テックマチックのレバーは、後ろにひくと加速、前に押すとブレーキがかかる。こういうレバーでアクセルをあやつる乗り物は、モーターボートがある。ボートは前に押すとアクセル、後ろに引くとバックが一般的だから前後は逆だが、決して特殊な操作方法ではないのだろう。

テックマチック
テックマチックは左手だけでアクセル、ブレーキを操作できる

 レバーを引くと、フィットはぐぐっと加速した。手先をちょっと動かしただけで回転が上がるレスポンスは、いかにもホンダらしい小気味よさだ。この感触はオートバイのスロットルにも似ている。足よりも手の方が敏感だから、慣れると普通のアクセルペダルより繊細なコントロールができるかもしれない。

 テックマチックをつけていても、足のペダルで操作することもできる。家族のうち1人が障害者の場合、他の人が乗る場合は普通に運転すればよい。

 ●取り外し可能の便利さ

 さらにもう一つの特徴は、簡単に取り外しができること。今回乗った2つのクルマも、装置をはずせば市販のフィット、オデッセイと変わらない。クルマを買い替える時は、テックマチックを外して普通の中古車として売却し、外した装置の方は、新しく買ったホンダ車につけることもできる(追加部品が必要になる場合もある)。

 「すべての人にドライブの楽しさを味わってほしいんです」とホンダの担当者はいう。そんな考え方をさらに発展させたコンセプトカー「フィット・スポーツコンセプト」も今回、出展されている。これは、テックマチックの操作をさらに軽快にした「パワー・テックマチック」を装着。1.5L・VTECエンジン搭載の「フィット1.5A」をベースに、エアロパーツやスポーツサスペンション、5点式シートベルトなども装備した。これはもう、福祉車両のスポーツカーといってもいいだろう。こんなクルマに、峠道で抜かれる日も遠くないかもしれない。

 *試乗会の車種は変更になる場合があります。一般公開日は同乗試乗だけで運転はできません。



フィット・スポーツコンセプト コラム式テックマチック フロア式テックマチック オデッセイ・テックマチック装着車
*写真をクリックすると大きくなります。

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission