アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe


車イスでもこんなにらくらく!
〜三菱自動車 『タウンボックス』ほか〜
(ビデオ)三菱自動車 『タウンボックス』(車いす仕様車)

 『福祉車両』では、様々な障害を持つ人が、いかに気軽に運転したり、乗り降りできるか、各メーカーはその工夫に力を注いでいる。特に、車いすに乗ったまま乗り降りできるタイプ、車いすの利用者本人が運転するタイプ、車いすの利用者が助手席に乗るタイプに特徴的な車が多かった。

三菱自動車 「タウンボックス」
三菱自動車 「タウンボックス」

●車いすの方、介護する方への親切設計

 車いすに乗ったまま乗降できるタイプでは、小型のワゴン車型が多く、車の最後尾、テール部分から乗降する。テールゲートを開け、スロープを引き出し、車いすを押してもらいながら車内に入る。例えば、三菱自動車の『タウンボックス』は、テールゲートを開くと自動でリヤバンパーが10センチ下がる。これにより、スロープがより緩やかになり、車内に乗り込みやすくなる、という親切設計だ。車内からのベルトに車いすをつなぐことで、介護をする人が転倒したりした場合でも、車いすが後ろに下がってしまう危険性をなくしている。

 トヨタの『シエンタ』は、操作のほとんどがボタンでできる点が特徴だ。もし、車いすを乗せるために、車の後部をダウンさせたことを忘れ、そのまま発進しようとしたとしても、テールがもとに戻るような設計になっている。乗り心地について、実際に車いすで試乗した人の感想は、『思ったほど乗り心地は悪くない。そんなに狭くも感じなかった』という。

三菱自動車 「ランサー」(セルフトランスポート仕様車)
三菱自動車 「ランサー」(セルフトランスポート仕様車)

●気軽に外出、女性に好評

 車いす利用者本人が運転するタイプのものとして、三菱自動車の『ランサー』(セルフトランスポート仕様車)がある。車いすから運転席への乗車を楽にする可倒式サイドポートを付け、運転姿勢の保持をサポートするバリアフリーシートを採用した。リモコン操作で右リヤドアのスライド開閉から、後部座席スペースへの車いす収納までのすべてを電動でおこなえる収納装置を設けた。この車は、車いす利用者が気軽に外出でき、リモコン操作のため服を汚すことなく車に乗れるということで、女性に好評だという。

三菱自動車 「グランディス」(助手席ムービング仕様車)
三菱自動車 「グランディス」(助手席ムービング仕様車)

●スムーズな乗り降り

 車いす利用者が助手席に乗るタイプのものとしては、三菱自動車の『コルトプラス』(助手席回転スライドシート仕様車)や同社の『グランディス』(助手席ムービング仕様車)がある。

 『コルトプラス』は、簡単なレバー操作で助手席が回転、車外へスライドし、安全でスムーズな乗り降りを可能にする。

 『グランディス』は、助手席が電動で回転、車外に大きくスライドダウンすることで、シートと地面との距離が縮まり、乗り降りがスムーズになる。操作方法も手動とワイヤレスリモコンの2タイプがある。

 車いすを利用している人にも、気軽で快適なドライブを。福祉車両はさらなる進歩を続けている。

*写真をクリックすると大きくなります。

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission