アサヒ・コム

 

メインメニューをとばして、本文エリアへ 朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe


もっと見せたい!移動ショップ
〜「積んで走る」クルマから、「見せて売る」クルマに〜
(ビデオ)日産キャラバン ボックス・イン・ボックス

アルト・ハートスタンド
アルト・ハートスタンド

 商用車にもユメがほしい――。そんなコンセプトで、新しいタイプの移動販売車が続々と提案されている。

 ●駐車した場所がお店

 スズキは今回、丸ビルや代官山などに展開するインテリア植栽専門店「グリーン・グリーン」とタイアップ。軽自動車アルトをベースに、花屋さんの移動販売を想定したコンセプトカー「アルト・ハートスタンド」を出展した。後部ドアを上げると3段の陳列棚、後ろの側面や助手席ドア内側にもずらり販売スペースが並ぶ。広告を表示する巨大な液晶パネルもついている。

 軽トラックに強いスズキは、ユーザーの需要にあわせてさまざまな仕様の軽商用車をつくっている。移動販売車にはどうしても、八百屋や魚屋といった生活感のしみついたイメージがあるが、女性向けのおしゃれなお店を提案してみたかった、という。「駐車した場所が、そのままお店になります」がキャッチフレーズだ。

日産キャラバン ボックス・イン・ボックス
日産キャラバン ボックス・イン・ボックス

 ●「積む」「走る」だけじゃない

 さらに大胆な提案をしているのは、日産のコンセプトカー「キャラバン・ボックス・イン・ボックス」だ。サイドや後部のドアから巨大な陳列棚がせり出し、背広を展示販売をするクルマに仕立てている。背広の移動販売にどれだけ需要があるかは未知数だが、移動販売でおなじみの商品だけでなく、意外な業態にも対応できることをアピールしたかったようだ。

 「積む、走る、だけがクルマの機能じゃない。ディスプレイする、という第3の機能を提案したかったんです」と担当者は話す。モーターショー会場で、このモデルのまわりには会話が絶えなかった。「ここまでやるなら試着室もほしいね」「車内に着替えスペースをとったら?」。自然と人を集める魅力が、このクルマにはありそうだ。

*写真をクリックすると大きくなります。

検索 使い方

キーワード入力

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission