リノベーションが浸透するわけ グローバルベイスが語るライフスタイルの変化

リフォーム

ライター増田ゆりさ

家を買うと言えば新築が主流だった日本。でも最近では、中古マンションを購入して自分好みの間取りに変えるリノベーションについて、耳にすることが増えてきました。

物件探しから施工までワンストップで行うグローバルベイスによると、リノベーションの広がりには、共働きの家庭が増えたことなど、ライフスタイルの変化が密接にかかわっているといいます。

でもリノベーションとライフスタイルは、どう関係しているのでしょう。

首都圏で数多くの物件のリノベーションを手がけ、大手セレクトショップのユナイテッドアローズといった異業種とのコラボによって、新たな客層にもアプローチするグローバルベイスに、日本の住宅事情の変化やサービスの狙いについて聞きました。

この記事の取材先

野田清隆さん

グローバルベイス株式会社・常務取締役。大学を卒業後、大手マンションデベロッパーに従事。2002年にグローバルベイスを共同で創業。当時は珍しかった中古マンション×リノベーションの事業をおこし、累計4500戸以上の物件を都市部で提供している。

共働きでゆとりのある生活を望むならリノベーション?

グローバルベイスのリノベーションサービスについて、特徴を教えていただけますでしょうか?

野田さん:リノベーション物件を購入するとなると、一般的には不動産会社から物件を購入して施工店で設計や施工をお願いする形になるかと思います。グローバルベイスの中古マンションのリノベーションサービスには、物件探しから資金計画、設計、施工までワンストップで行い、物件を自分の好みの空間にデザインできるオーダーメイド型のサービスと、リノベーションを施して完成された物件を販売するサービスがあります。

強いこだわりを持った方のニーズにも応えられるオーダーメイド型の「マイリノ」と、より多くの方に受け入れてもらえる空間づくりをする買取再販型の「リノコレ」というサービスです。

オーダーメイド型のサービスを行う事業者は、発注が発生した都度、工務店に依頼する流れが多いのですが、弊社はリノコレも含め、たえず多くのリノベーションを扱っていることが強みです。資材を安価に調達でき、日ごろから発注している工務店を継続して使うことで、安定した品質でお客さまの要望をかなえることができます。

グローバルベイスがターゲットとしている方は、どのような人たちなのでしょうか?

お客さまの中心は、30代〜40代くらいで、とくに共働きの家庭が増えています。

共働きでお子さんもいて、朝に子どもを預けて、夕方ピックアップして帰宅する、子どもに無理のない時間に食事させて寝かせるような生活がしたい人たち。また独身の方でも、通勤にあまり時間をかけたくない人たち。

そういった方にとっては、職場と住居の接近が重要になるため、山手線界隈の会社まで30分ぐらいで通勤ができるところが住みたいエリアになります。東京を含め、埼玉だと浦和、千葉だと船橋ぐらいのイメージですね。

コロナ禍でリモートワークが定着し始めた頃は、環境の良い郊外に移り住む人が増えるとされていました。でも、教育や医療などの環境を考えると、都心で暮らすことが現実的な選択だと考える方が多いのではないかと思います。

リノベーションの意義について語る野田清隆さん
リノベーションの意義について語る野田清隆さん

住宅を購入する際、中古物件を選ぶ人は増えているのでしょうか?

10年くらい前までは、新築至上主義の傾向が強くありました。家を購入するといえば、もちろん新築。中古物件は、新築を購入できない人が仕方なく選ぶもの、という感覚が根強かったのではないかと思います。

ところが首都圏では、ここ10年ほどで新築の供給が大きく減少しました。20年くらい前は、新築マンションの年間の供給戸数が8万戸を超えていたのですが、今は4万戸ぐらいです。一方で、20年前に新築で供給された物件が、リノベーションできる中古となって、中古物件のストックは増えていっています。

そうなると、家を買おうと思ったときに、住みたい場所に新築物件があるかというと難しくなります。中古であれば選択肢が広がるため、中古を選ぶ方が自然と増えたんです。

中古物件をリノベーションすることへの受け止めも変わってきたのでしょうか?

リノベーションという言葉自体が、ここ10年ほどで急速に浸透してきた感覚があります。最近だと、テレビや動画などで単語を耳にすることも増えました。

若い世代を中心に、中古物件を選ぶことに抵抗を感じず、むしろかっこいいこととして受け止めていただけるようになってきたと思います。

かつては住宅設備機器メーカーも主に新築向けの商品を作っていて、中古向けの開発をしていない所も多かったんです。でも、大手のメーカーも中古市場を無視できなくなってきて、中古リノベーション向けの開発が増えてきました。

リノベーションがかなえる 暮らしに合った住まい

中古物件をリノベーションするメリットは、どんなところにあるのでしょうか?

大きく分けて三つあります。一つは、やはり経済的な安さ。新築のマンションに対して、弊社でリノベーションした場合の価格は大体8掛けぐらいで、2割ぐらいの価格差があるんです。同じ予算をかけた場合、中古なら広いお部屋の物件を選ぶことができます。

二つ目は立地です。中古物件なら、絶えず多くの物件が売りに出ているため、多くの選択肢から自分にあった立地のものを選ぶことができます。

三つ目は、リノベーションすることによって、その空間を自分の住みたい間取りにできることです。新築でも、壁の色や間取りを変更できる物件もありますが、あくまで既製品です。リノベーションなら、お風呂を大きくしたいなど、細やかなご希望にも応えられます。

例えば、キッチンの高さを男性の腰の高さに合わせたい、というカップルのお客さまがいらっしゃいました。また、玄関にベビーカーを置くためのスペースをつくりたい、という方もいました。

こだわりたいところにお金をかけ、こだわらないところにはお金をかけないことによって、その人の生活や暮らしに合わせた住まいを築くことができるのが、リノベーションの魅力です。

【グローバルベイスでリノベーションをしたOさん宅】

リノベーション前
家族構成:二人暮らし 築年月:平成3年2月 専有面積:75.73㎡
間取り:リノベーション前3LDK→リノベーション後2LDK
所在地:東京都 工事費:1,200万円
リノベーション後
(Oさん)「キッチンを開放的にしたかったので、カウンターキッチンにしました。キッチンのカウンターや洗面台、玄関の床などは、ポイントでモルタルを取り入れています。天井は打ち放しにしてもらって、部分部分で木を使っています」

(写真とコメントはグローバルベイス提供)

リノベーションをするにあたって、気をつけなければならないところはありますか?

リノベーションは、何でも好きなように住まいを変えられるイメージがありますが、そうとは限りません。もともとの中古マンションが持っているポテンシャルによって、制約が出てくることもあります。

内装を壊して工事をしてみたら、思ったような間取りが作れない、ということが起こりうるんです。とくに排水管の水回り部分などは、仕様によっては判断しかねる部分があり、いざ壊してみないとリノベーション可能かどうか、わからない場合があるので注意が必要です。

弊社の場合は、多くのリノベーション物件を扱ってきた実績があるので、物件によってどのような制約がかかってくるか、どのような間取りなら可能なのかなど、データの蓄積があります。

リノベーションで長く住み継ぐことのできる住まいを

2017年から、ユナイテッドアローズが内装などのデザインをするリノベーションのサービスを行っていますね。どんな狙いがあるのでしょうか?

より多くの人にリノベーションの可能性を知っていただく、というのが狙いの一つです。

ユナイテッドアローズ さんとコラボした住宅にご興味を持ってくれるお客様は、20代、30代の若い年代の方が多いのですが、そういった方たちに、リノベーションってこんなことができるんだと思っていただくことで、いざ家を買うというときに、リノベーションを選択肢に入れていただけたらと思っています。

もう一つの狙いとしては、ユナイテッドアローズさんの店舗設計をされている方々は、商業デザインも手掛けられています。空間づくりの流行は、住宅より商業デザインの方が先行しているため、資材の色の流行やお店の造り、照明など、とても参考になります。それによって、今の時流に合った空間設計を取り入れることができるんです。

ユナイテッドアローズの監修でリノベーションされた住宅(グローバルベイス提供)
ユナイテッドアローズの監修でリノベーションされた住宅(グローバルベイス提供)

リノベーションによって、グローバルベイスが目指すのはどんなことでしょうか?

日本には新築信仰があって、何年か経ったらまた壊しては新しく立て直す、ということをずっと繰り返してきました。でも、日本は地震大国なので、コンクリート住宅の施工精度はどこの国よりも高いんです。

今でも地方には、人口を増やすため、行政が土地を開発して一戸建てや分譲住宅などを造っている地域もあります。でもここ十数年くらいで、国も中古の住宅をいかに利用していくかという方向にシフトしつつあります。

グローバルベイスがめざすリノベーションは、長く住み継ぐことができる安心・安全な住まいを造ることです。長年にわたって数多くの優良物件を調達、再販してきた知見を活かし、その土地の伝統や風土とともに長く住み継ぐことをリノベーションで手助けしています。

グローバルベイスの事業について、今後の展望を教えていただけますか?

2022年秋に、関西にショールームをオープンします。関西では、今も新築の需要が高いのですが、少しずつ中古を選ぶ方が増えています。東京と同じで、共働きでアクセスの良いところに住みたいニーズが高まってきているんだと思います。

私どもはDaigasグループの一員なので、大阪ガスの関西での基盤を最大限に活かし、大阪、京都、神戸で事業を拡大させていきたいと考えています。関西でリノベーションを検討するなら、グローバルベイスだよね、と言ってもらえるよう尽力していきたいです。

ライター 増田ゆりさ

航空会社の国際線グランドスタッフとして勤務後、フリーライターに転身。主にモノ系Webメディア「Moovoo」(朝日新聞社)、ビジネスパーソン向けWebメディア「@DIME」(小学館)などで記事を制作。そのほか、生き方・旅・CBD・ライフスタイル系記事のライティング・編集も。
Portfolio
記事一覧をみる

初回公開日:2022/07/15

記事をシェア

https://www.asahi.com/choice/reform/column-globalbase/

  • URLをコピーURLをコピー

関連記事

関連記事