ウォーターサーバーでミルク作り 先輩ママ座談会とおすすめ7選

目次ウォーターサーバーの水はミルク作りに使える 水の専門家に取材インフルエンサーのママさん座談会! 経験から語るウォーターサーバーとミルク作り ウォーターサーバーの利点は「家事の負担軽減」と「安心な水」編集部おすすめ! ミルク作りにおすすめなウォーターサーバー7選ウォーターサーバーでミルク 作り方を解説!ミルク作りのお湯 沸騰させなくても大丈夫?冷水の使用は要注意|定期的な手入れが重要 ウォーターサーバーの水はミルク作りに使える 水の専門家に取材 そもそも、ウォーターサーバーの水は赤ちゃんに与えて大丈夫なのでしょうか? 答えはYes。日本小児科学会等の見解では「ミネラルウォーターの水をミルクに使うことは可能」とされています(ウォーターサーバーの水もミネラルウォーターの一種)。また「硬水には多くのミネラルが含まれており、乳児に過剰な負担を与える可能性がある」とされていますが、ウォーターサーバーの多くは硬度の低い軟水を採用しています。 また、世界保健機関(WHO)のガイドラインでは、12ヶ月以下の乳児に与える粉ミルクの調乳には、70℃以上のお湯を使うよう勧めています。適切な温度管理がされていれば、ウォーターサーバーの水でもミルク作りは可能です。 これを踏まえた上で、今回はミルクに適した水について、水の専門家にお話を伺いました。   まず、RO水と天然水の違いを簡単に説明します。 RO水とは 水道水や地下水などから採取した水をRO(Reverse Osmosis)膜=逆浸透膜で処理した水。このフィルターで不純物やミネラル分を極限までろ過した純水に近い水のこと。工業用としても使われる。 天然水とは 地下から採取した水に、最低限のろ過や加熱殺菌の処理を行った水のこと。地層を通ってきた水なので、天然のミネラルが含まれ味わいがある。採水地によっても味に違いが出る。 上で説明したように、RO水は不純物だけでなくミネラルも極限までろ過し取り除くため、純水に近い状態の水でミルクを作ることができます。 一方、天然水はミネラルが豊富なため、胃腸が未発達な赤ちゃんにとっては刺激が強すぎるのでは?と少々不安に思う人もいるかもしれません。 結論からいうと、天然水でミルクを作っても大丈夫です。天然水には硬度の高い「硬水」と硬度の低い「軟水」があります(※)。日本小児科学会等の見解では「硬水には多くのミネラルが含まれており、乳児に過剰な負担を与える可能性がある」とされていますが、日本で採取される天然水のほとんどは「軟水」で、ウォーターサーバーの多くも硬度の低い軟水を採用しています。 ※硬水と軟水についてはこちらの記事もご参照ください 水の硬度とは 水質を表わす指標のひとつで、水に含まれている炭酸カルシウムの量(カルシウムとマグネシウムで換算したもの)をいいます。 【軟水の定義】 水や粉ミルクを取り扱うメーカー・機関によって異なるが、60mg/Lがボーダーと考えればOK。 厚生労働省…炭酸カルシウムの含有量が60 mg/L以下の水を軟水としている WHO(世界保健機構)…硬度が0~60mg/L未満を「軟水」、60~120mg/L未満を「中程度の硬水」、120~180mg/L未満を「硬水」としている では、軟水である日本の天然水であれば、どこの天然水でもミルク作りに適しているのでしょうか? 「赤ちゃん」の記事に引き続き、水の専門家であるアクアソムリエの山中亜希さんに取材し、ミルクに適した水についてお話を伺いました。 水の専門家 山中亜希さんアクアソムリエ 2004年、ミネラルウォーター専門店「AQUA STORE」(東京・西麻布、当時)の立ち上げと同時にイタリアにてアクアソムリエの資格を取得。2008年より、アクアソムリエを養成するミネラルウォーターの専門スクール「アクアデミア」を開校し、校長に就任。ミネラルウォーターの正しい知識・情報の普及のために、セミナーや講演、企業へのコンサルティング業務などを行っている。 日本アクアソムリエ協会&アクアデミア公式サイト / Twitter ミズノート編集部 軟水の天然水であってもミネラルが含まれているかと思いますが、赤ちゃんのミルクを作る水として天然水を使っても問題ないのでしょうか? 山中さん 問題ないです。海外産の水は硬度が高いこともありますが、国産のミネラルウォーターで、海洋深層水(※)のようにナトリウムやマグネシウムが非常に多いものでなければ大丈夫です。 粉ミルクのメーカーさんによって、硬度60mg/L以下、100mg/L以下等の基準を設けているので、その基準に従うのがわかりやすいと思います。 ※水深200Mより深い海に分布する海水のこと。太陽光が届かないため低温で清浄性が高く、栄養塩が豊富なうえ安定しているのが特徴。日本では富山・高知県などで取水・商品化されている ミズノート編集部 ちなみに、天然水には豊富なミネラルが含まれているということは、RO水よりも天然水の方が雑菌は繁殖しやすいのでしょうか? ミズノート編集部 ではミルクを作る際の水として、天然水を使うか、それともRO水を使うか、その差はどこにあると思いますか? 山中さん 天然水とRO水の何が違うのかというと、ミネラルやそれよりも小さい不純物が取り除かれているのがRO水です。ミルク用としてどちらを使うかは、それぞれのお好みや価値観で決めていただいて大丈夫です。 家にいながらも自然の地下水を飲みたい人は天然水。でも天然水は季節によってもミネラル量に多少のばらつきがあるので、毎日一律の品質のミルクを作りたい、という人はRO水を選ばれたらいいと思います。 インフルエンサーのママさん座談会! 経験から語るウォーターサーバーとミルク作り いざウォーターサーバーを導入しようと思っても、どんなところに着目すればいいのか、選び方がよくわからないという人も多いと思います。 そこで今回は、食やインテリアなど「その道の達人」で、実際にウォーターサーバーを子育てに活用してきたママさん3人にリモートで座談会を開いてもらい、使ってみてよかったことや注意する点などについて語り合ってもらいました! ■参加した方々 インテリアの専門家 MAKOさんインテリアコーディネーター インテリアコーディネートサービスの株式会社Laugh style代表。積水ハウス等法人でのセミナーも行う。日テレ「ヒルナンデス」、TBS「Nスタ」、フジ「めざましテレビ」他、ラジオ・雑誌・WEB等数多くのメディアに出演。 フレシャスdewoミニを使用中。 Twitter / Instagram / Laugh … Continue reading ウォーターサーバーでミルク作り 先輩ママ座談会とおすすめ7選