ウォーターサーバーのサイズを比較表(横幅×奥行×高さ)でチェック

  • Line
ウォーターサーバーのサイズをチェック

*記事で紹介した商品を申し込むと、売上の一部がミズノートに還元されることがあります。

ウォーターサーバーを導入する際に、「自宅のどこに置けばいいの?」と悩む人も多いでしょう。

ウォーターサーバーの置き場所は、多くの人が直面する問題です。スペースがあまりないから、できるだけコンパクトなサーバーにしたいと考える人も少なくありません。

契約したけれど、思ったよりも大きくて邪魔になるといったトラブルが起こることも。そうならないためには、契約の前にウォーターサーバーの正確なサイズを把握して、実際に自宅の空きスペースに設置できるかを確認することが大切です。

この記事では、各メーカーのウォーターサーバーサイズ(幅・奥行・高さ)と重量を比較します。わかりやすく一覧にした「ウォーターサーバーサイズ比較表」を掲載するので、ぜひサイズ感の比較にお役立てください。

また、自宅でウォーターサーバーを使用している人に、実際に設置した時の体験エピソードを取材。設置の実例画像も掲載しています。体験談を参考に、設置する時に注意すべきことも把握しましょう。そのほか、ボトルの保管場所、置き場所選びのポイントも解説します。

ウォーターサーバー床置きタイプ・サイズ比較表

ここでは、床置きタイプのウォーターサーバーのサイズを比較します。床置きタイプとは、その名のとおり床に設置するタイプで、置き場所にはある程度のスペースが必要です。比較表は、各メーカーそれぞれの機種のサイズ(mm)を記載。横幅の小さい順に並んでいます。メーカー枠を超えてサイズを比較することでができるので、ぜひ参考にしてください。

横幅30㎝以下・スリム床置きタイプ・サイズ比較表

スリムタイプとは、横幅のサイズが小さいタイプのウォーターサーバーです。この記事では、横幅300㎜以下の機種をスリムタイプとして紹介します。横幅が小さいため、置き場所が省スペースで済む、ちょっとした空きスペースにも設置しやすいのが大きな魅力。キッチンやリビングのデッドスペースや隙間などに設置している人も多いようです。

また、すっきりとしたデザインのサーバーも多く、スタイリッシュな印象のものも多くあります。シンプルデザインを好む人にもいいでしょう。

ここでは、各メーカーのスリム床置きタイプのサイズ・重量を比較して一覧にしています。

【スリム床置きタイプ・サイズ比較表】

メーカー クリクラ【クリクラFit】 プレミアムウォーター【アマダナST】 アルピナウォーター【スタンダード】 うるのん【Grande床置】 信濃湧水【スタンダード】 ハワイアンウォーター プレミアムウォーター【スリムⅢロング】 アクアクララ【アクアスリム】 アクアクララ【アクアファブ】 フレシャス【dewo】 フレシャス【slat/
slat+cafe】
コスモウォーター【スマートプラス】 フレシャス【サイフォン+ロング】 プレミアムウォーター【cado×
PREMIUM】
ワンウェイウォーター【スマートプラス】 ワンウェイウォーター【Smartサーバー】
ウォーターサーバー クリクラ【クリクラFit】 プレミアムウォーター【アマダナST】 アルピナウォーター【スタンダード】 うるのん【Grande床置】 信濃湧水【スタンダード】 ハワイアンウォーター プレミアムウォーター【スリムⅢロング】 アクアクララ【アクアスリム】 アクアクララ【アクアファブ】 フレシャス【dewo】 フレシャス【slat/slat+cafe】 コスモウォーター【スマートプラス】 フレシャス【サイフォン+ロング】 プレミアムウォーター【cado×PREMIUM】 ワンウェイウォーター【スマートプラス】 ワンウェイウォーター【Smartサーバー】
横幅(mm) 245mm 265mm 270mm 270mm 270mm 270mm 270mm 275mm 286mm 290mm 290mm 300mm 300mm 300mm 300mm 300mm
奥行(mm) 383mm 330mm 370mm 347mm 370mm 370mm 363mm 313mm 350mm 363mm 350mm 340mm 340mm 386mm 340mm 340mm
高さ(mm)ボトル装着時 1290mm 1326mm 1250mm 1319mm 1300mm 1300mm 1276mm 1235mm 1320mm 1125mm 1110mm 1100mm 1225mm 1116mm 1100mm 1100mm
本体の重量(kg) 再加熱なし15kg再加熱機能付き15.7kg - 15kg - 15kg 15kg 19.2kg 16kg 16kg 20kg 24kg 20kg 18.1kg 24.0kg 20kg 20kg
詳細
*この表は左右にスクロールできます。

横幅40㎝以下・スタンダード床置きタイプ・サイズ比較表

スタンダート床置きタイプとは、一般的なサイズのウォーターサーバーです。スリムタイプと比べると、横幅は広いですが、ボトル容量は12Lが主流と、ボトル交換の回数が少なくて済むのは大きな魅力。水の消費量が多いご家庭にぴったりです。

また、デザイン性の高いサーバーが多いのも特徴の1つ。おしゃれなインテリアの1部として活用しやすいため、リビングに設置している人も多いようです。

それでは、スタンダード床置きタイプのサイズ・重量を比較していきましょう。

【スタンダード床置きタイプ・サイズ比較表】

メーカー クリクラ【クリクラサーバーL】 アルピナウォーター【エコサーバー】 信濃湧水【エコサーバー】 ウォーターワン【JLサーバー】 キララ アクアクララ【アクアウィズ】 アクアセレクト【床置】 ウォータースタンド【ナノスタンド】 うるのん【スタンダード床置】 サントリー【南アルプスの天然水】 プレミアムウォーター【アマダナサーバー】
ウォーターサーバー クリクラ【クリクラサーバーL】 アルピナウォーター【エコサーバー】 信濃湧水【エコサーバー】 ウォーターワン【JLサーバー】 キララ アクアクララ【アクアウィズ】 アクアセレクト【床置】 ウォータースタンド【ナノスタンド】 うるのん【スタンダード床置】 サントリー【南アルプスの天然水】 プレミアムウォーター【アマダナサーバー】
横幅(mm) 305mm 310mm 310mm 315mm 317mm 320mm 320mm 324mm 326mm 370mm 392mm
奥行(mm) 350mm 330mm 330mm 315mm 300mm 320mm 320mm 310mm 353mm 450mm 392mm
高さ(mm)ボトル装着時 990mm 1250mm 1300mm ホルダー設置時1255mm 1275mm バリスタ搭載時1344mm
ドルチェグスト搭載時1335mm
1240mm 1235mm 1333mm 1240mm 1390mm
本体の重量(kg) 再加熱なし15kg再加熱機能付き15.7kg 16kg 17kg 17kg 21.3kg バリスタ24.3㎏
ドルチェグスト23.6㎏
- 13.9kg 16kg - 19.6㎏(ホワイトのみ20,4㎏)
詳細
*この表は左右にスクロールできます。

置き場所スペースが確保できないなら、卓上タイプがおすすめ

床置きタイプを置くスペースの確保が難しい、省スペースでウォーターサーバーを設置したい、という人には卓上タイプがおすすめです。

卓上タイプは、床置きタイプよりも高さが低くコンパクトで、置き場所の選択肢が多いのが魅力。電気ポットをひと回りぐらい大きくしたサイズなので、キッチンカウンターはもちろんのこと、リビングのスツールや棚、寝室のサイドテーブルなど、さまざまな場所に置きやすいです。

ただし、卓上タイプはコンパクトなので、ボトル容量は床置きタイプよりも少なめ。水をたくさん使う家庭ではボトルの頻繁な取り換えが必要になり、面倒だと思ってしまうケースもあります。

ここでは、各メーカーの卓上タイプウォーターサーバーのサイズ・重量を比較していきます。

6台のWSで3台はショートタイプ

(出典:フレシャス公式サイト)

【卓上タイプ・サイズ比較表】

メーカー ウォータースタンド【ガーディアン】 フレシャス【dewo mini】 ウォータースタンド【ネオ】 うるのん【Grande卓上】 クリクラ【クリクラサーバーS】 プレミアムウォーター【スリムⅢショート】 アクアクララ【アクアスリムS】 シンプルウォーター【エコサーバー】 フレシャス【サイフォン+ショート】 ウォーターワン【WS2サーバー】 アクアセレクト【卓上】
ウォーターサーバー ウォータースタンド【ガーディアン】 フレシャス【dewo mini】 ウォータースタンド【ネオ】 うるのん【Grande卓上】 クリクラ【クリクラサーバーS】 プレミアムウォーター【スリムⅢショート】 アクアクララ【アクアスリムS】 シンプルウォーター【エコサーバー】 フレシャス【サイフォン+ショート】 ウォーターワン【WS2サーバー】 アクアセレクト【卓上】
横幅(mm) 230mm 250mm 260mm 270mm 270mm 270mm 272mm 280mm 300mm 300mm 320mm
奥行(mm) 230mm
受け皿仕様時302mm
295mm 505mm 360mm 460mm 366mm 420mm 330mm 340mm 340mm 320mm
高さ(mm)ボトル装着時 471mm 470mm 500mm 855mm 510mm 824mm 756mm 550mm 775mm ホルダー設置時 825mm
ホルダーなし 570mm
810mm
本体の重量(kg) 10.6kg 7.3kg 18kg 15kg 15kg 16.2㎏ 13kg 9.5kg 15.1kg 15kg -
詳細

*この表は左右にスクロールできます。

<関連記事>

卓上型ウォーターサーバーのおすすめ7選!サイズや安さで比較

ボトルの保管場所も必要! 宅配方式の違いもチェック

ウォーターサーバーを利用する際に必要なのは、サーバー本体の設置スペースだけではありません。ボトルの保管場所も必要になります。

ウォーターサーバーのボトルは全部で3種類。それぞれに保管方法や飲み終わった後の処分方法などが異なるため、自分に合ったものを選びましょう。

ボトルの種類は以下の3つです。

  • ガロンボトル
  • ペットボトルタイプ
  • ポリエチレンパック

まず、ガロンボトルとはポリカーボネート樹脂でできているボトルです。宅配方式は、使い終わったボトルを回収して再利用する「リターナブル方式」となります。ゴミにならずに再利用されるため、エコで経済的なのが特徴です。

ただし、空きボトルを回収してもらう方式なので、回収時までボトルを保管しておかなければいけません。保管スペースを取る点がデメリットでしょう。

ペットボトルタイプとは、市販のペットボトル同様にPET樹脂で作られています。宅配方法は「ワンウェイ方式」。使用済み空きボトルの回収が必要ない、使い捨てタイプです。空きボトルは小さくたたんで、資源ごみなどとして処分できるので、飲み終わった後に処分しやすいのが特徴。空きボトルの保管スペースが不要。回収などの手間もかかりません。

ポリエチレンパックは、ポリエチレン素材で作られた袋のタイプ。宅配方法は、ペットボトルタイプ同様に「ワンウェイ方式」なので、使い終わったらそのまま家庭で処分できます。使用後の空きパックはペットボトルタイプよりもコンパクトにたためて、より処分しやすいのが魅力。空きボトルの保管スペースが不要。予備のパックの保管場所も小スペースで済みます。

<関連記事>

ウォーターサーバーのボトル、どんな種類があるの?

置き場所選びのポイント

実際にウォーターサーバーを設置するとなった時には、知っておきたい情報はサーバーのサイズだけではありません。

ウォーターサーバーを電化製品というカテゴリーになるので、設置する場所には条件があります。一般的なウォーターサーバーの設置場所の条件は以下のとおりです。

  • 設置の際に必要なスペース:本体サイズ+左右に各15cm、奥に15cm

冷蔵庫などと同様に、壁にぴったりとつけて設置してはいけません。そのため、左右に15cm、合計で30cm程度の隙間を設けられるようにしましょう。また、左右だけでなく奥にも15cm程度の隙間が必要です。ただし、必要な隙間のスペースは、ウォーターサーバーの機種により異なります。左右に各3㎝のスペースでOKな機種もあります。設置前に必ず確認しましょう。

また、ボトルを取り付けて設置した場合のサイズ感についても注意が必要。ウォーターサーバー本体のサイズだけでなく、ボトルのサイズにも注目しましょう。実際に設置する際には、本体+ボトルのサイズになります。

ウォーターサーバー各社では、サーバー本体の高さについてボトル未装着時のサイズを表記しているケースが多いです。そのため、実際にボトルを装着してみると、思った以上に大きくて圧迫感がある、という場合も。

サーバーの上部にボトルを装着する機種の場合には、本体の高さにボトルの高さがプラスされます。メーカーにもよりますが、大体30cmぐらい高さがプラスされることを覚えておきましょう。

ウォーターサーバーの置き場所を選ぶ際には、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • サーバーの左右、奥に15cm以上の隙間を作れる場所
  • 直射日光が当たらない
  • ほこりや湿気が多い場所は避ける

直射日光があたったり、ほこりや湿気が多かったりする場所はNGです。直射日光が当たるとサーバーが劣化するだけでなく、水の温度が上がり冷水を作るのに余計な電力を消費しやすくなります。また、ほこりや湿気が多い場所は、雑菌が繁殖しやすくカビなども発生しやすくなるので注意しましょう。

自宅にウォーターサーバーを設置した人の体験談

20代・男性

男性の画像
斜めからのWSの写真で空気清浄機と映っている

掲載機種:プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ(ロングタイプ)

思っていたより小さく、家具と家具の間の隙間に設置できました。置き場所は、食卓の近くに置きたかったので、必然的にここになりました。このウォーターサーバーを選んだ理由は、スリムなこと。追加料金がかからない点も魅力でした」

40代・男性

男性の画像
正面からの写真で右上に挟みが移っている

掲載機種:コスモウォーター

キッチンのこの隙間に置きたいと決めていたので、置き場所スペースをきっちり計り、ウォーターサーバーのサイズもしっかり確認しました。実際に、ウォーターサーバーが到着して設置すると、想定通りでした! コスモウォーターを選んだ理由は、ボトルが下置きタイプなこと。ボトル交換の際に、重いボトルを持ち上げなくて良いので楽ちん。快適に使用しています」

80代・女性

女性の画像
WSボトルもうつっていて、WSの後ろに写真あり

掲載機種:アクアクララ アクアスリム

「ウォーターサーバーを選ぶ時に、サイズ感は特に気にしなかったのですが、実際に置きたい場所に置けるかは、しっかり計測して確かめました。手の届く位置に置いて使っています

30代・女性

女性の画像
椅子の上にWSが載っていて電気ポットが映っている

掲載機種:プレミアムウォーター スリムサーバーIII(ショートタイプ)

「キッチンの近くに置きたい、電源コンセントの近くが必須、この二つの条件を考えると、我が家でウォーターサーバーの置き場所の選択肢は、インターフォンの下しかありませんでした。そこに置くと決めたら、床置きタイプは、インターフォンに高さが、かぶってしまうのでNG。必然的に、卓上タイプを選ぶことになりました。そして、契約後、我が家にウォーターサーバーが到着。実際に置いてみると、計測した時の予想通りに設置できました! 良かったです。奥行については、実際に設置してみて存在感が分かった感じです。予想よりも邪魔じゃないなと感じました。シンプルなデザインと、操作が簡単なこと、そして、水がおいしいから気に入っています」

この記事のまとめ

  • ウォーターサーバーのサイズは各メーカーによってさまざま。契約前に、設置スペースサーバー本体のサイズ、実際に設置した場合のサイズ感をしっかり確認しておくことが大切
  • 床置きタイプを設置するスペースの確保が難しい場合は、卓上タイプもあり。キッチンカウンターやリビングのスツール、寝室のサイドテーブルなど設置スペースを選びやすい
  • ウォーターサーバーを利用する場合、サーバー本体の設置スペースだけでなくボトルの保管スペースが必要。宅配方式によって必要な保管スペースは異なる
  • Line