ウォーターサーバーの解約金はいくら?負担を軽くする方法は

  • Line

※記事で紹介した商品を申し込むと、売上の一部がミズノートに還元されることがあります。

ウォーターサーバーを自宅に導入してみたいけど、もし満足できずに解約したくなった場合、無駄な違約金が発生するのではないか、と心配している人もいるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーの解約金は、相場がだいたい10,000円前後安いものだと6,000円〜9,000円、高いと15,000円〜20,000円ほどかかります。

この記事では、メーカー別に解約金がいくらかかるのか発生するタイミングなどを説明します。さらに、3つのウォーターサーバーを渡り歩いた経験があるユーザーの経験談などから、導入前にミスマッチを回避するコツなどもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ウォーターサーバーの解約金とは どんな時に発生するの?

電卓とコインのイメージ画像

ウォーターサーバーは各メーカーごと、あるいは機種ごとに最低利用期間が契約で決まっています。その契約期間内にユーザー側の事情で解約するとサービスが終了し、解約金として費用請求される仕組みです。

解約金発生の有無やタイミングは、メーカーによって異なります。1年、2年と利用期間に応じて解約金の金額が変わったり、何年使っても解約金が無料だったりと、さまざまです。

たとえば業界大手のプレミアムウォーターの場合、個人の契約プランだと、契約期間が2年の「基本プラン」、3年の「ずっとPREMIUMプラン」が主流です。2年の基本プランを選んだ場合、2年以内に解約しようとすると、以下のように機種によってかかる解約金の金額が変わってきます。

契約解除料について

(出典:プレミアムウォーター公式サイト)

プレミアムウォーターの場合、同じ機種でもプランによって発生する解約金の金額が変わってくるので、注意が必要です。

【プレミアムウォーターの機種・プラン別解約金一覧】

基本プラン 2年 ずっとPREMIUMプラン
スリムサーバーIII 10,000円 15,000円
amadanaスタンダードサーバー 10,000円 15,000円
スリムサーバー 10,000円 15,000円
cado×PREMIUM WATER 20,000円 20,000円
amadanaグランデサーバー 20,000円 20,000円
QuOL(キュオル) 20,000円 20,000円
※金額はいずれも「不課税」

また、コスモウォーターの場合は、プレミアムウォーターのように利用期間別にプランがある訳ではなく、機種ごとに規定の利用期間があらかじめ決まっています。

規定利用期間について

(出典:コスモウォーター公式サイト)

なお、老舗メーカーであるクリクラはどの機種を利用しても解約金がかかりません(※)。「何年利用するかわからない、でも解約金は払いたくない」と思う人には、ひとまず導入してみるのに最適のウォーターサーバーでしょう。

※キャンペーン利用で解約金が発生する場合があります。次の章で説明します

各メーカーの契約の仕組みと解約金を比較! 負担ゼロも

メーカーによって解約金が発生するタイミングや金額が異なると説明しましたが、では、具体的にどのように違ってくるのでしょうか。ここからは、主なウォーターサーバーのメーカーを取り上げて比較してみたいと思います。

【主なメーカーの利用年数別解約金と発生する条件】

プレミアムウォーター フレシャス アクアクララ コスモウォーター アルピナウォーター クリクラ
機種名 ・スリムサーバーⅢ (ロングタイプ)
・amadanaスタンダードサーバー
・cado×PREMIUM WATERウォーターサーバー
・amadanaグランデサーバー ・QuOL(キュオル)
全機種 全機種 smartプラス ECOTTO 全機種 全機種
解約金と発生する条件
3年 15,000円
「ずっとPREMIUMプラン」で3年未満に解約した場合
20,000円
「ずっとPREMIUMプラン」で3年未満に解約した場合
なし なし なし
(規定利用期間は2年)
20,900円
規定利用期間の3年未満に解約した場合
なし なし
2年 10,000円
「基本プラン」で2年未満に解約した場合
15,000円
「ずっとPREMIUMプラン」で3年未満に解約した場合
20,000円
「基本プラン」で2年未満に解約、または「ずっとPREMIUMプラン」で3年未満に解約した場合
9,900円
レンタルプランで契約後、またはサーバー交換後2年未満に解約した場合
11,000円
「2年割プラン」の機種で、2年未満に解約した場合
9,900円
規定利用期間の2年未満に解約した場合
20,900円
規定利用期間の3年未満に解約した場合
なし なし(※)
1年 10,000円
「基本プラン」で2年未満に解約した場合
15,000円
「ずっとPREMIUMプラン」で3年未満に解約した場合
20,000円
「基本プラン」で2年未満に解約、または「ずっとPREMIUMプラン」で3年未満に解約した場合
16,500円
レンタルプランで契約後、またはサーバー交換後1年未満に解約した場合
6,600円
「通常プラン」で1年未満に解約した場合
11,000円
「2年割プラン」の機種で2年未満に解約した場合
9,900円
規定利用期間の2年未満に解約した場合
20,900円
規定利用期間の3年未満に解約した場合
11,000円
関東地域で利用1年以内の解約
5,238円
関西地域・中部地域で利用1年以内の解約
なし(※)
※この表は横にスクロールできます ※金額はプレミアムウォーターのみ「不課税」。その他はいずれも税込 ※クリクラは各種キャンペーン利用時に限り、指定期間(1・2年)以内に解約する場合、サーバー回収手数料として税込12,100円が発生します

解約金の大まかな相場は10,000円前後、高くて20,000円ほどです。どこのメーカーも基本的には、契約している利用年数によって、解約金の金額が変わってきます

プレミアムウォーターは、機種と独自の契約プランによって、どのタイミングで解約金がいくらかかるかが異なります。ずっとPREMIUMプランは、基本プランに比べると月々の天然水の料金が安いため、いざ解約するとなると基本プランより解約金も高くついてしまう傾向にあります。

アクアクララコスモウォーターアルピナウォーターも、決められている利用期間内に解約すればいずれも必ず解約料が発生しますが、フレシャスは、利用年数が長くなるにつれ解約金が安くなっていく仕組み。なので「解約金はできるだけ払いたくないけれど、長く使うかどうかも今はわからない」という人は、フレシャスを検討するのもいいでしょう。

「解約金は一切払いたくない、できるだけ出費を抑えたい」という人は、どのメーカーでも契約中は継続して使う、と強い意志を持つか、クリクラがおすすめ。クリクラなら、どの機種をどれくらいの期間使っても、基本的に解約金はかかりません

ただし、例外的に解約金が発生する場合があります。2年契約の「新規ご契約プラン」「のりかえプラン」、1年契約の「SMILEキッズプラン」などのキャンペーンを利用すると、それぞれ契約期間内に解約した場合は、1台につき「サーバー回収手数料」として税込12,100円の費用が発生するので気をつけましょう。

ウォーターサーバーを手放した理由は? 口コミ感想と早期解約を防ぐおすすめ機種

できれば解約金を払わずに済むに越したことはありません。ではそもそも、早期解約を防ぐために、どのような点に気をつけてウォーターサーバーを選ぶのが良いのでしょうか。

そこで今回は、3つのウォーターサーバーの使用経験がある筆者の母に、なぜそれぞれ解約したのか聞いてみました。同時に、実際に解約の経験がある人を対象にした口コミもご紹介します。

〜筆者母 ウォーターサーバー乗り換えの変遷〜

2017年 8月 コスモウォーター「smartプラス」 導入
【解約理由】
水ボトル配達の周期が長く、5人家族だと水が足りなくなったため

2021年 2月 プレミアムウォーター「amadanaスタンダードサーバー」に乗り換え
【解約理由】
給水の使い勝手の悪さと、プレミアムウォーター独自のクレジット決済方法が合わなかったため

2021年 4月 ハミングウォーターに乗り換え

まず、コスモウォーターの「smartプラス」を解約し、プレミアムウォーターの「amadanaスタンダードサーバー」に乗り換えた理由はなんだったのでしょう。

筆者母

筆者母

smartプラスの時は、ひと月に12Lの水ボトル2本を注文してたけど、うちは5人家族だから1ヶ月にその量で1回の配達だと水が足りなくて。でも追加注文すると高くついちゃうし。プレミアムウォーターは3週に1回の周期だったから、水の量もそれならいいなと思ったのよね。smartプラスはなんだかんだ4年も使ってたから、解約金とかもかからずにプレミアムウォーターに乗り換えたわ。

自宅に届く水ボトル・水パックは、だいたい12L、24L、36Lと量が選べるようになっており、家族が多ければ多いほど、当然水代は高くなってしまいます。不純物を取り除いたRO水ではなく、コスモウォーターのように天然水を扱っているメーカーだと、より水代は高くなる傾向に。

使ってみたら意外と月々の料金が高かった、水が足りない、などの問題が発生してくる可能性は大いにあると言えます。家族の人数を踏まえた上で、この水の量で、いくらまでだったら出してもいい、などのボーダーラインをあらかじめ決めておくと良いでしょう。

では、水が届く周期がちょうど良いと思い決めたプレミアムウォーターから、3ヶ月も経たずしてハミングウォーターに乗り換えた理由はなんだったのでしょうか。

筆者母

筆者母

amadanaスタンダードサーバーは、ボタンを押しながらレバーをコップで押して水を出すから、両手で注がないといけなくて。あと結局月額の料金がときどき高かったのよね。水のボトルが届くタイミング(※)によっては、カード決済で一気に2ヶ月分が翌々月にまとめられちゃうことがあったの。なんでなのかよくわからなかったけど、その月はやりくりしにくくて困ってた。

そんな時、量販店にいたハミングウォーターのお兄さんに乗り換えませんかって声をかけられて。解約金は15,000円かかったけど、払っていく月額を考えたら、1年くらいで元が取れそうだったから払ったのよ。

※プレミアムウォーターは、クレジット決済の課金日が20日と3日の2回のタイミングがあり、水のボトルが届いたタイミングで決済日が決まる。ただし、基本的には4週に一度、3週に一度など指定の周期で定期配送が可能。

プレミアムウォーターのチャイルドロックは、子どもがいる家庭を想定し、簡単にはお湯が出ないよう工夫されているため、子どもがいない家庭には逆に不便なことも。また、プレミアムウォーター独自のクレジット決済の課金方法が、筆者の母には毎月の支出を考えるとやりにくさがあったようです。

使い勝手や料金は、日々ウォーターサーバーを使っていく上でとても重要なポイント。特に料金に関しては事前に回避できるポイントでもあるので、気になっている機種が月々どれくらいかかるのか、もし解約するときに、解約金がどれくらいかかるのかを把握しておくと良いでしょう。

1回目の乗り換えも2回目も、水代や月額など、主に料金面をネックに感じていた筆者母。実際にウォーターサーバーを解約したことのある人を対象にしたアンケートでも、やはり料金面に不満が生じた人が見受けられます。

4人家族 50代男性

4人家族 50代男性

初期設定時に水漏れなどが多く、パッケージの水がもったいなかったです。また、HOTにする時に時間がかかりました。水を使用する頻度が多かったので、すぐパッケージを追加購入しなくてはならず、金銭的なダメージが大きかったです。

4人家族 40代 女性

4人家族 40代 女性

第2子を出産してミルク作りに活用しましたが、その役目も終えた頃に主人の転勤が決まり引っ越すことになりました。引越先は以前の部屋よりもキッチンが狭くなり、家族が増えて色々と出費も増えたので、解約しました。

家族がいる人は、子どもが生まれた機会にミルク作りのため導入する例がありますが、その役目を果たすと料金面が気になって解約する人もいるようです。そのほかにも、実際に使ってみると、かなり値段が高くなってしまうことに気がついた、という人も。

お金を払う分、機能的な便利さを感じられなければ、高いと感じてしまいますよね。赤ちゃんのミルク作りに活用したい、料理においしい水を使いたい、手軽に水を飲めるような環境を作りたい、など、これから新規でウォーターサーバーの契約を考えている人は、どのような場面で水を使いたいか具体的にイメージするといいでしょう。

解約金ゼロも! 早期キャンセルを防ぐ編集部おすすめ機種

それでは、ここからは目的別におすすめのウォーターサーバーを紹介しておきます。

解約金がかからない、という視点だけでなく、そもそも導入後のミスマッチを防ぐためには、自分の目的・ニーズに合った機種を選ぶことが大切です。

クリクラ「省エネサーバーS」

業界でほぼ唯一解約金ゼロ 手厚いサポートも重視する人に

クリクラ「省エネサーバーS」
特徴
▼従来の機種より電気代を55%削減 長く使えばコストも安く
▼年1回のメンテナンスで新品同様の機材にお取り換え
▼水は上置きで回収式のガロンボトル かさばる側面も
実質月額(税込約5,596円)の内訳
水代
4,380円
電気代
約756円
メンテナンス料
460円
※電気代はメーカー調べ ※水代は月36L使用した場合。水は12L×1本(1,460円)単位で注文可

クリクラは、各種キャンペーンを利用した場合を除くと、業界でほぼ唯一解約金がかからないメーカーです。とにかく解約時の負担が軽い方がいいという人におすすめ。

また、年に一度、サーバーをまるごと交換してくれるメンテナンスがあり、給水口や水受け皿の交換、本体全体の清掃をしてくれるので、衛生面が気になる人にも適しています。

初回金として7,700円(税込)が必要ですが、クリクラの従来型製品と比べ電気代も55%削減してくれるため、長い目で見ればランニングコスト重視派の人も見逃せません。 停電時に通電していなくても常温で水が出るので、災害時の備蓄用としても向いています。

アルピナ「スタンダードサーバー」

水代が業界屈指の安値 月々のコストを抑えたい人におすすめ

アルピナ「スタンダードサーバー」
特徴
▼実質月額が約5,000円と安さで突出
▼天然水ベースのRO水 停電時も常温で飲める
▼本体はスリム 上置きボトルの重さがネックにも
実質月額(税込約5,031円)の内訳
水代
3,402円
電気代
約1,000円
レンタル料
629円
※電気代はメーカー調べ ※水代は月36L使用した場合。水は12L×3本(3,402円)単位で注文

アルピナの「スタンダードサーバー」は、北アルプスの天然水をベースにしたRO水ですが、水代が安いことで有名です。いざウォーターサーバーを取り入れても、コスト面で折り合わず解約につながるかも、と心配する人には、導入のハードルが高くなく最適でしょう。

約85℃の温水と、約5℃の冷水が出るシンプルな機能。ウォーターサーバー本来の最低限の機能が使え、月額ができるだけ安い方がいいという人に合っています。

アルピナのスタンダードサーバーも、通電していなくても常温の水が使えるので、停電時にも安心です。

フレシャス「dewoミニ」

スタイリッシュで多機能 ミルク作りで時短したい人にもおすすめ

フレシャス「dewoミニ」
特徴
▼キッチンやリビングに置くと一目置かれるおしゃれなデザイン
▼便利なボタン式 3つの省エネ機能で電気料金を賢く削減
▼選べる天然水 少量パックで手軽な半面、交換頻度は多くなる
実質月額(税込約8,692円)の内訳
水代
7,652円
電気代
約490円(※)
レンタル料
550円
※「デュアルタンク」「SLEEP機能」「エコモード」すべて使用時。メーカー調べ ※水代は月36L換算で使用した場合。水は4.7L×4パック(3,996円)単位で注文

フレシャスの「dewoミニ」は、高さ47センチのミニサイズ。メタリックなボディがおしゃれなので、インテリアを重視する人にもおすすめです。

スリムでコンパクトなため、床に置くスペースは確保できなくても、キッチンカウンターや寝室のベッドサイドに設置するのにぴったり。

使い勝手もよく、水はボトルではなく4.7Lの扱いやすいパックなので、取り換えが簡単。さらに、温水・冷水タンクが完全分離している「デュアルタンク」、自動で節電する「SLEEP機能」、お湯の温度を抑える「エコモード」の3つの機能で電気代を大幅にカットしてくれます。

エコモードでは、熱すぎないうえ調乳に推奨される70℃以上のお湯(※)が出るので、例えば深夜のミルク作りも時短が出来て便利です。

(※出典:WHOの2007年ガイドライン

ウォータースタンド「ナノシリーズ ガーディアン」

水道直結型で飲み放題! ボトル配送&交換が面倒な人におすすめ

ウォータースタンド「ナノシリーズ ガーディアン」
特徴
▼タンクレスでコンパクト 電気代も大幅カット
▼専門スタッフが半年ごとに無償メンテナンス
▼置き場がキッチン周りに限られ、工事も必要
実質月額(税込約5,083円)の内訳
水代(水道料金36L換算)
5円(※)
電気代
約150円
レンタル料
4,928円
※水道料金の計算式…36L(0.036㎥)×従量課金単価128円(1㎥あたり)=4.608円→四捨五入して5円(東京都水道局の場合) ※電気代はメーカー調べ

ウォータースタンドの「ナノシリーズ ガーディアン」は、今回紹介しているウォーターサーバーの中で唯一の水道直結型。そのため、ボトル配送の必要がありません。水ボトルだと、家族が多い場合などに思いのほか早く水が底をついてしまうことも考えられますが、水道から直接水を補給するのでそんな心配も要りません。

「瞬間冷温水機能」を搭載しているため、水を貯めておくタンク自体が必要なく、電気代を大幅にカットしてくれます。コンパクトでシンプルな設計なので、手狭なキッチンでも比較的置きやすいでしょう。

アクアクララ「アクアウィズ」

基本機能+αの価値 コーヒーも楽しみたい人におすすめ

アクアクララ「アクアウィズ」2タイプ
特徴
▼ウォーターサーバー×コーヒーマシンのいい所どり
▼再加熱機能を使用すればお湯は一気に95℃に
▼別途、コーヒー(ネスカフェ)の定期契約が必須
実質月額(税込約7,032円)の内訳
水代
4,212円
電気代
約620円(※)
サポート料
2,200円
※省エネモードの場合。メーカー調べ ※水代は月36L使用した場合。水は12L×2本(2,808円)単位で注文

アクアクララの「AQUA WITH」は、冷水・温水が出るウォーターサーバーの基本的な機能だけでなく、ネスレとコラボしたコーヒーマシンが付随する珍しいタイプです。

レギュラーソリュブルコーヒー(インスタントコーヒー)の「ゴールドブレンド バリスタ 50[Fifty]」と、専用カプセルで飲む「ドルチェグスト ジェニオ アイ」の2機種があります。

水ボトルが下置きなので、腕力が強くない人でも上に持ち上げる必要がなく楽にセットできます。

メーカー別・キャンペーン活用で解約金の心配なく乗り換えも可能に!

すでに自宅にウォーターサーバーがあるけれど、今の機種に不満がある、あるいは、別のサーバーのデザインや機能が気になるのでそちらに換えたい人は、乗り換えキャンペーンを利用するといいでしょう。

各メーカーが展開しているキャンペーンの内容を把握し、うまく活用して解約金をカバーすれば、負担が少なく変更可能です。

現在各社が展開している、乗り換えキャンペーンの一部をご紹介します。

【主なメーカー別・乗り換えキャンペーンの内容】

プレミアムウォーター
プレミアムウォーター
フレシャス
フレシャス
クリクラ
クリクラ
アクアクララ
アクアクララ
コスモウォーター
コスモウォーター
名称 乗り換えキャッシュバックプレゼント ウォーターサーバー乗り換えサポート クリクラにのりカエルとお得だゾ!キャンペーン 今すぐ!アクアクララにのりかえキャンペーン のりかえキャンペーン
内容 ①最大16,500円キャッシュバック
②新規申し込み特典としてクオカード2,000円分
①最大16,500円キャッシュバック
②天然水1箱無料
①クオカード5,000円分
②クリクラボトル2本 税込2,920円プレゼント
①Amazonギフト券7,000円分プレゼント
②「ティファール ミックス&ドリンク ネオ シルバー」もしくは「ソーダストリーム ジェネシス v2」プレゼント
5,000円キャッシュバック
期限と注意点 ①初回配送予定日から90日以内②ウェブ限定。期間は9/5まで 期間は9/12まで 他のキャンペーンとの併用不可 ②は9/30まで 期間は9/30まで
※この表は横にスクロールします

フレシャスとプレミアムウォーターは、最大16,500円のキャッシュバックで、他社から移る際の解約金を実質的に肩代わりしてくれる仕組みです。

解約金が10,000〜15,000円ほどまでであれば丸々カバーできます。それに加えて、水ボトルやギフト券のプレゼントもあるので、マイナスが少なく乗り換えられます。

時期によっては、同じメーカーでもキャンペーン内容が変わることも。導入したいサーバーが決まっており、なおかつキャッシュバック額が大きい、欲しいグッズがもらえるなど、特典内容が魅力的であれば、先延ばしにせずその時に乗り換えるのが賢明です。

この記事のまとめ

  • 解約金は、基本的に契約期間内に解約すると発生する。同じメーカーでも機種によって金額が異なる場合も。
  • 解約金の相場は10,000円前後から20,000円くらい。利用期間が長いほど解約金が安くなるメーカーもある。
  • そもそも早期解約しないよう、自分の目的やニーズに合ったウォーターサーバーを選ぶことが大事。月々かかってくる料金は事前に把握しておく。
  • すでに他社のサーバーを使っている人は、解約金を丸々カバーしてくれる乗り換えキャンペーンを活用するとお得。時期によってキャンペーン内容が変わることも。
  • Line