マーキュロップの評判は?天然水と手厚いサービスで継続率99.7%

  • Line
sitakara[シタカラ] 水をシタカラ入れるやさしいウォーターサーバー

*記事で紹介した商品を申し込むと、売上の一部がミズノートに還元されることがあります。

マーキュロップって天然水が飲めるから気になる。どんなウォーターサーバーなんだろう?

マーキュロップは、ミシュランの三ツ星シェフなど世界の「味のプロ」から天然水の味を評価されているウォーターサーバー。 2021年までモンドセレクション金賞を9年連続受賞のほか、2020年にはITI優秀味覚賞ダイヤモンド味覚賞を受賞。世界でたった13しか受賞していないもののうちの1つに選ばれていますよ。

マーキュロップでもう1つ評価が高いのが、そのホスピタリティ利用者の継続率99.7%を実現した手厚いサービスについても取り上げています。

そのほか、ウォーターサーバーの機種や月額料金、お得なキャンペーンなどについてお伝えしていきます。

マーキュロップとは?自社一貫体制のサービスが魅力

マーキュロップのサーバーが並ぶ画像 (出典:マーキュロップ公式

マーキュロップは、食のプロも認めた味を持つ天然水のウォーターサーバー。しかも、細かいところまで利用者の気持ちに寄り添うホスピタリティを持っています。

続いては、マーキュロップの特徴である天然水がどこでどのように生まれているのか。そして、愛されるサービスとはどのようなものなのかを紹介していきます。

特徴①富士山の天然水|世界の賞を連続受賞

おいしさは世界のお墨付き (出典:マーキュロップ公式

マーキュロップの水は、富士山の天然水
富士山に降り注いだ雪や雨が、山表面の6層にも積み重なる玄武岩のフィルターでゆっくりとろ過され、バナジウムなどのミネラル分を含みながら地下へと染み込んでいきます。その時間は、何と約100年!

硬度24mg/L軟水です。

マーキュロップの採水までの過程を解説したイラスト (出典:マーキュロップ公式

富士山の地下に眠る天然水を、マーキュロップは富士山景観形成地域というエリア内で採水しています。採水地は標高1,030メートルの場所で、そこから深井戸で地下223メートルから伏流水を汲み上げます。

標高1,030メートルは、富士山での採水地としては業界No.1の高さだそう。空気も周りの自然も美しい場所で採水され、そのままマーキュロップの富士河口湖工場でボトリングされています。

マーキュロップのボトリングの様子 (出典:マーキュロップ公式

汲み上げた水は工場内でろ過され、加熱殺菌されます。メーカーいわく、高度に衛生的に保った「クリーンルーム」でリターナブルボトルを洗浄、殺菌。人の手がふれることなく機械によって天然水をボトルに充填しています。

そして、毎日すべてのロットで水質検査を行う徹底ぶり。自社検査のほか、第三者機関による検査や放射性物質測定検査も行っているそうですよ。

特徴②自社一貫体制の手厚いサービス

製造からお届けまで自社一貫体制 「サーバー設置」も「家の中までお届け」も不在時の「置き配」もOK! (出典:マーキュロップ公式

自社スタッフが配送

マーキュロップのウォーターサーバーでは、ボトルを回収・再利用するリターナブル方式のボトルを採用しています。

天然水のウォーターサーバーは、運送会社が水を運んでくるワンウェイ方式が多く、接客やサービスに課題がありました。しかし、マーキュロップは天然水ながら自社スタッフが水を配送・回収してくれます。

マーキュロップの配送車 (出典:マーキュロップ公式

配送車には、富士山の絵が描かれたオリジナルラッピングが施されており、「富士山なぞなぞ」が書いてあるそうです。遭遇してみたいですね。

毎年、無料でウォーターサーバーを交換

マーキュロップでは1年に1回、無料でメンテナンス済みのウォーターサーバーと交換してくれます。メンテナンスが一切ないor有料で行うメーカーが多いなか、毎年きれいなウォーターサーバーに替えてくれるのはうれしいポイントですね。

マーキュロップでは月々713円~1,100円の「あんしんサポート料」があります。マーキュロップで受けられるサービスに対するコストをまとめて、あんしんサポート料を払うシステムです。

サポートセンターでオペレーターが対応

メーカーの公式Webサイトに掲載されている問い合わせ窓口に電話をすると、オペレーターの人と話すことができます。よくある自動音声による応答ではなくスタッフに通じるので、ほっとする人もいるのではないでしょうか。

また、公式Webサイトに掲載されている「よくある質問」がとても充実しているので、わからないことがあったら、まずはそこを見てみると良いですよ。

Webサイトを見て自分で解決できるのは、手軽です。そんなところにも、マーキュロップのホスピタリティ力の高さを物語っているようで好感が持てますね。

このようにサービスが手厚く、利用者にちゃんと向き合っているからこそ、マーキュロップは継続率99.7%という数字を叩きだしているのですね。

マーキュロップの全機種紹介|下置き・卓上・スリム・コラボ

マーキュロップのウォーターサーバーは全3種類。ボトルの設置場所が下部のものやスリムなもの、そして卓上タイプのものがあります。

続いて、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

sitakara(シタカラ)|ボトル下置きで交換がラク

マーキュロップsitakaraの機種イメージ画像 (出典:マーキュロップ公式

編集部のおすすめポイント

  • ボトル下置きなので、持ち上げずに交換ができる
  • シンプルでなじみやすいデザイン
  • 照度センサーで節電モードに切り替え

マーキュロップのウォーターサーバー「sitakara」は、シンプルながら必要な機能が備わっています。

sitakaraのボトル交換の様子 (出典:マーキュロップ公式

sitakaraの名の通り、水のボトル交換を足元で行える「ボトル下置き」タイプなのが、この機種の特徴です。
重いボトルを持ち上げることに大変さを感じる方にとっては、助かりますね。

ウォーターサーバーの下部にある扉を開き、ボトルを給水用のキャップに取り付ければOKのシンプル仕様です。

sitakaraのボタン操作の様子 (出典:マーキュロップ公式

省エネ機能も充実しています。
照度センサーが付いているので、出かけるときや寝る前など、部屋が暗くなると自動でエコモードに切り替え。不要な電力をカットできるので、電気代を抑えるのに役立ちます。

また、再加熱できるのも良い点。91~97℃まで温度を上げられるので、カップ麺作りなど、通常の温水モード時より熱いお湯がほしいときにも使えるでしょう。

sitakaraグッドデザイン賞

デザインについては、見た目と下置きできる機能性とが評価されてグッドデザイン賞を受賞しています。

サーバー上部にあるボタンを押さなければ水を出せないので、小さな子どもがいたずらしたり、ケガをしたりしにくい作り。もちろん、温水にはチャイルドロックも付いていますよ。

機種情報
あんしんサポート料 1,100円
電気代 約500~650円/月
サイズ 高さ約110cm×幅約31cm×奥行約35cm
温度 冷水:約1~7℃
温水:約81~93℃
エコモード時:約60~73℃
再加熱時:約91~97℃

Slim(スリム)|人気1位のシンプル機種

マーキュロップSlimの機種イメージ画像 (出典:マーキュロップ公式

編集部のおすすめポイント

  • 冷水にもチャイルドロックを付けられる
  • 省エネ&サーバー内部が衛生的
  • 『キャプテン翼』とのコラボモデルも選べる

マーキュロップのなかで、最もスタンダードと言える人気No.1モデルです。

Slimの機種は、オプションで冷水にもチャイルドロックが付けられるところが特徴。逆に、温水のチャイルドロックが不要と感じる家庭では、ロックを外すこともできます。

まさに、マーキュロップらしいホスピタリティの表れと言えそうですね。

さらに、省エネ設計となっているので、いつでも消費電力が抑えられる点もメリット。エコモードはありませんが、家にいる時間が長い家庭の場合はおすすめです。

そして、衛生面にも優れているのがこのサーバーのいいところ。抗菌製品技術協議会が定める基準を満たした抗菌仕様の製品に与えられる「SIAA認証」を得ています。

サーバー内部は利用者が掃除できる部分ではないので、うれしいポイントですね。

マーキュロップSlimキャプテン翼仕様機種画像 (出典:マーキュロップ公式

ファンなら見逃せない、『キャプテン翼』とのコラボモデルもあります。
南葛SCのユニフォームを着た大空翼くんがデザインされた南葛SCデザインには、作者である高橋陽一さんのサインも入っていますよ。南葛Blueと南葛Whiteの2色から選べます。

なお、Slim通常モデルの場合は、ホワイト、ブラック、そして限定色のモカブラウンから選べます。

マーキュロップSlimの機種画像
機種情報
あんしんサポート料 713円
電気代 約500~650円/月
サイズ 高さ約99cm×幅約31cm×奥行約31cm
温度 冷水:約4~10℃
温水:約83~93℃

Slim S(スリム エス)|コンパクトな卓上モデル

マーキュロップSlimsの機種イメージ画像 (出典:マーキュロップ公式

編集部のおすすめポイント

  • 高性能エコモード搭載
  • 置き場が選べるコンパクト
  • 停電時にも水を出せる

Slimの小型卓上タイプが、こちらのSlim Sです。とはいえ、ただサイズが小さいだけではなく、このSlim SにはSlimにはない機能が付いています。

それが、高性能なエコモード。照度センサー搭載で、不要時には温水の温度を自動的に下げてくれるので省エネ&節電になります。

そして、Slimと同様にSIAA認証抗菌仕様となっているので、衛生面でも信頼できそうです。

また、Slim SとSlimともに停電時にも水を出せるのが、このシリーズのうれしいところ。停電時には使えなくなるサーバーもあるなか、こちらは備蓄水としても役割が期待できます。

機種情報
あんしんサポート料 713円
電気代 約500~650円/月
サイズ 高さ約46cm×幅約27cm×奥行約42cm
温度 冷水:2~8℃
温水:80~90℃
エコモード:62~68℃

マーキュロップの料金|機種別の月額料金一覧表付き

マーキュロップのボトル (出典:マーキュロップ公式

「スタッフの対応が丁寧だと、人件費がかかって高くつきそう。月額費用はどのぐらいなの?」

マーキュロップは対応が細やかなので、費用が高いのではと心配になる人もいるでしょう。
続いては、マーキュロップの月額料金とその内訳、ボトル料金などをお伝えしていきますよ。

月額料金

マーキュロップのウォーターサーバーは、レンタル料が無料です。しかしサポート料金は毎月かかります
そのため、月額料金の内訳は以下です。

月額料金の内訳=水代(24L)+あんしんサポート料

※ボトル料金1本12L=1,760円
※注文は2本から、2本単位

1ヶ月に少なくとも2本注文するのがルールとなっています。それは、「1度開封したら2週間程度で使い切ってほしい」というメーカーの思いもあってのこと。

自社スタッフによる配送や年に1回のメンテナンスなど、細やかなサポートを受けるための費用として「あんしんサポート料」を支払います。

ですから、困ったときに追加の支払いをすることがないので、故障などのときにありがたいですね。

機種別に月額料金をまとめてみました。

【機種別の月額料金一覧表】

sitakarasitakaraグッドデザイン賞 SlimマーキュロップSlim機種画像 Slim SマーキュロップSlimsの機種画像 Slim 南葛SCデザインパネルSlim 南葛SCデザインパネルの機種画像
月額料金
内訳:水代(12L✖️2本)+あんしんサポート料
4,620円
内訳:水代(12L✖️2本)3,520円+あんしんサポート料1,100円
4,233円
内訳:水代(12L✖️2本)3,520円+あんしんサポート料713円
4,233円
内訳:水代(12L✖️2本)3,520円+あんしんサポート料713円
4,233円
内訳:水代(12L✖️2本)3,520円+あんしんサポート料713円
※デザインパネル代2,200円(初回のみ)

南葛SCデザインについては、初回のパネル代で1年間使用可能。1年経つとメンテナンスによってサーバー本体が交換となりますが、その後もまた南葛SCデザインを希望する場合は、1,760円で再度使用可能です。

その他の料金

その他にかかる料金について説明します。

配送料 メンテナンス料 保証金 解約金
0円 0円 0円
※エリアにより5,000円
5,000円
・半年以内の解約
・使用本数12本以下
の場合
※エリアによる

先にお伝えしたように、あんしんサポート料に配送料やメンテナンス料は含まれています。

保証金も、基本的には必要ないようですが、エリアによってはかかる場合があるため、契約を考えたら一度確認してみてください。

解約金についても、エリアや状況によって異なるので確認が必要ですね。

マーキュロップのお得なキャンペーン

マーキュロップにはお得に契約できるキャンペーンがあります。検討している人はチェックしてみてくださいね。

乗り換えキャンペーン

乗り換えキャンペーン
内容 他社の解約金を最大10000円キャッシュバック。
期間 なし
対象者 他社解約後1か月以内にマーキュロップに乗り換え、新規ご契約した人
※過去に解約歴のある契約者・住所は対象外
※マーキュロップへの申込み時に「他社から乗り換え」である旨と「他社違約金金額」を必ず申し出る

【Q&A】マーキュロップのよくある質問

マーキュロップについて、他にも気になる質問をまとめました。

  • A

    マーキュロップは置き配OKなので、不在時でも対応してくれます。オートロックのマンションでも、管理人さんがいる場合にはドアを開けてもらったり、管理人さん不在ならば事前に利用者との間で決めておいた場所に置いてくれたりします。

    一旦契約した後でも、利用者専用サイトや電話で配達サイクルを変更することも可能で、配送のスキップや月に1回のみの配送に変更もできます。

    不在が多いようなら、受け取る回数も少なくてすむほうがいいですよね。

    とにかく、「できるだけ利用者の要望に沿えるように」という気持ちを持って対応してくれるので、何でも相談しやすいのがマーキュロップのいいところですよ。

  • A

    SlimSlim Sは、ボトルを上に設置するタイプなので、停電時でも水を出すことができます。ただし、電気が通っていないので、常温の水になります。sitakaraモデルは、ボトル下置きでモーターで水を汲み上げるので、停電時には取水することができません。

  • A

    マーキュロップはリターナブルボトルを採用しているので、水の配達時に空ボトルを回収してもらいましょう。配達時に不在で置き配を依頼する場合には、空ボトルの置き場について事前に相談可能です。

    もし、何らかの理由で空ボトルを回収してもらいそびれてしまった場合、基本的には次の配送まで自宅で保管しておくことになります。

    ですが、そこはマーキュロップの柔軟性が発揮されるところ。まずは電話などで相談してみましょう。配送員が回るタイミングに合えば、すぐにでも回収に来てくれるようです。

この記事のまとめ

  • マーキュロップでは富士山の天然水が飲める。その味が世界でも認められて、モンドセレクションなど多数の賞を取っている
  • 自社一貫体制で生産から配送までを高いホスピタリティで行っている。利用者に寄り添う姿勢で、継続率は99.7%を誇る
  • 料金は水代とあんしんサポート料。富士山の天然水と機能的なウォーターサーバーの金額は、月額4,233円から
  • Line