朽木誠一郎

朽木誠一郎くちき せいいちろう

朝日新聞記者=医療、ネット
関心ジャンル:科学医療IT・テックメディア

最新コメント一覧

  • 自治体のそっくり偽サイト相次ぐ 公式が「消えた」自治体も

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2022年6月15日10時51分 投稿

    【解説】かねてから指摘されていたBing検索の問題点が顕在化。ポイントは、9割超のシェアを握るグーグルでは問題が確認されず、数%に留まるマイクロソフトの検索サービスBingで、このような自治体偽サイトがヒットしてしまうこと。逆に言えば、Bingを使用しているのは、これだけのシェアがあるグーグルを使っていない人で、高齢だったりITが苦手だったりする人も含まれているおそれがあります。そうした人たちは詐欺の標的になりやすいとも言え、事象を認識しているというマイクロソフト社には、相応の対応が求められます。2016年のWELQ問題のように、圧倒的な影響力を持つグーグルには批判が集まりやすく、その分、アップデートも重ねられてきました。背景には検索サービスのシェア争いの“その後”という面もあり、ネットのインフラでもあるサービスの運営者が、そのサービスにリソースを割くことに経済的な合理性がなくなったとき、どう責任を果たすのか、注目されます。注意喚起を続けていたSEO専門家の辻さんに頭が下がります。

  • 4回目の接種対象、なぜ絞るのか 肥満は基礎疾患? 詳しく解説

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2022年5月16日11時0分 投稿

    【提案】新型コロナウイルスのワクチンについて、60歳未満の健康な人は4回目接種の対象外に。感染すると重症化しやすい人に限定することになりました。その要因の一つが肥満。肥満が重症化のリスクであることは注意が必要です。ただし、海外で死亡リスクの上昇が報告されているのは、記事中にもあるように、BMIが40〜などのかなり高度な肥満。日本ではそこまでではないという人も多くいることでしょう。一方で他にも様々な病気の原因になる肥満については、まず自分の状態をBMIなどで把握した上で、こうしたニュースを日々の食事や運動の習慣を考えるきっかけにしてみるのはいかがでしょうか。

  • 「空間浮遊のウイルス除去」の表示巡り大幸薬品に措置命令 消費者庁

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2022年1月21日1時28分 投稿

    【視点】以前取材させていただいた専門家の方が「安心は安全から」とおっしゃっていました。もし商品に根拠がないのであれば、それによる安心は、真の意味での安心ではありません。まずは基本的な感染対策にしっかりと取り組むようにしましょう。

  • 尾身氏「ステイホームなんて必要ない」 人流抑制より人数制限を重視

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2022年1月20日2時15分 投稿

    【視点】政府の対策も、現時点でわかっているいるオミクロン株の実態に即したものにシフトしています。今回の感染拡大の波に追い込まれる事業者も多くいる中、「店を閉める必要はない」などのメッセージを打ち出すのは大事なことです。いつか戻る日常を信じ、自分にできる範囲のことにしっかり取り組んでいきましょう。

  • 舞浜駅ホーム、長さが1.5倍に ディズニー来園者の混雑緩和へ

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2022年1月18日22時22分 投稿

    【提案】日本では国土の問題もあり、コロナ禍以前はもともと混雑を「仕方のないこと」として織り込んでいたことが思い出されます。利用客にとっては新型コロナの如何によらず望ましい変化である一方、土地や費用などのリソースには限りがあります。今後われわれは何を「ノーマル」として定めていくのか、いずれコロナ禍が収束すると信じて、少しずつ考え始めていくきっかけにしてはと思います。

  • 11都県に重点措置を適用へ 首都圏や東海など、期間は3週間で調整

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2022年1月18日0時29分 投稿

    【視点】オミクロン株の特性に注目が集まっており、できるだけ“実態”に即した対策が望まれます。一方で、今回の対策は「このまま感染の急拡大が続けば医療体制の逼迫(ひっぱく)に加え、社会インフラの基盤が揺らぐことも懸念される」という、また別の”実態”からの要請という面があることも事実です。個人にできる対策は、結局のところ変わりないままでもあり、感染対策をして各々が仕事などから離脱しないようにすることが、今回の波を乗り越えるために必要だと言えるのではないでしょうか。

  • 行き場なき「アベノマスク」含む布マスク 保管倉庫に記者が入った

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年12月1日19時28分 投稿

    【視点】新型コロナウイルス対策として政府が調達した「アベノマスク」を含む布マスクが大量保管されている問題。8千万枚を超える行き場のない布マスクは今––“箱は鉄製のラックに約4メートルの高さまで積み上げられ、約1万平方メートルのフロアの半分以上を占めていた。箱を開けると、布マスクは1枚ずつ透明な袋で包装され、ぎっしりと詰め込まれていた。”当時すでにマスクが行き渡る中、行われた約5800万枚の追加発注。意思決定の途中で、取り止めることはできなかったのか。しっかり検証することで、今後の対策に生かせる点もあるはずです。

  • オミクロン株、乏しい情報、見えない正体 ワクチン各社は対応急ぐ

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月30日22時28分 投稿

    【提案】国内で初確認されたことで話題のオミクロン株ですが、大事なのは、まだわかっていないことが多いということです。“オミクロン株に関する情報はまだ乏しい。WHOが28日に公表した最新の知見でも、感染力や重症化のしやすさは評価中の段階だ。”とあるように、脅威度は判定中と言えるでしょう。このような中で、政治が先手を打つことは重要ですが、私たち生活者がするべきことは特に変わらず、基本的な感染対策を継続することです。ニュースに不安になる人も多いかと思いますが、そんなときに思い出してほしいことです。

  • 岸田首相、外国人の入国禁止を表明 全世界対象、30日午前0時から

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月29日19時55分 投稿

    【解説】「オミクロン株」を巡る急な対策の背景がまとめられています。WHOが警戒度を最高に指定したオミクロン株。世界各国が水際対策を強化する中、日本もこれまでアフリカ南部からの入国制限を段階的に強化するなどしてきましたが、自民党内からもさらなる対策強化を求める声が出ており、ナミビアからの入国者に新型コロナ陽性の疑いがあることも明らかになりました。まだわからないことも多いオミクロン株ですが、岸田首相は念を入れた対策をとった上で、「慎重すぎるという批判については、私が全て負う覚悟でやっていく」と明言し、臨んでいます。私たち生活者としては、これまでどおり、個人でできる感染対策を怠らずに行っていくことが必要です。

  • オーストリアで4回目のロックダウン ワクチン接種、拒否すれば罰金

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月22日15時36分 投稿

    【視点】シャレンベルク首相の「義務がなくても高いワクチン接種率を達成できると考えられていたが、現実を直視しなければならない」という発言が重いです。ワクチンの有効性をいかに説明し、生活者が納得できるか、世界規模の課題になっています。

  • 「ヤングケアラー」専用の相談窓口を開設 福岡市 専門職が対応

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月17日15時53分 投稿

    【視点】「ヤングケアラー」とは家族の介護やきょうだいの世話を負っている子どもたちのこと。行政に窓口ができることは一歩前進で、今後の運用が注目されます。他の自治体にも広がってほしい流れです。

  • 宣言下の制限緩和案 飲食店・事業者に都道府県への事前登録求める

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月16日21時15分 投稿

    【解説】緊急事態宣言下でも行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」、利用者側のポイントは「利用者は事業者から、ワクチン接種歴または陰性の検査結果のいずれかを選択して提示するよう求められる」こと、「ワクチン接種歴は、2回目の接種日から14日以上経過していることを予防接種済証などで確認し、その有効期限は当面、定められない」ことです。一方で、尾身茂会長は感染状況に応じた柔軟な判断の必要性を強調、有効期限についても早めに結論を出すことを政府に求めています。 https://digital.asahi.com/articles/ASPCJ61MHPCJUTFK01T.html

  • 東京都で新たに7人の感染確認 今年最少を更新、重症者は10人

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月15日17時35分 投稿

    【提案】日々の感染対策が結びついたとしたら、うれしいニュースです。一方で、政府の新型コロナ対策の新指標では、「人口10万人あたりの新規感染者数」の項目がなくなり、より総合的な判断がなされます。であれば、こうした日々の感染者数の報道もまたこの先、どうしていくのか、議論が必要なタイミングだと感じます。

  • ワクチン、ようやく路上生活者に 3時間歩いた男性「やっと打てた」

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月12日19時24分 投稿

    【視点】“希望しても接種にたどり着けていない人が多くいることが分かった”という行政担当者のコメント。今後の感染拡大防止のためにも、重要な対策です。

  • 「小泉大臣」も近づいたフジロック 3大フェス興隆とコロナ下の模索

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月11日12時14分 投稿

    【視点】未曾有の災害とも言えるコロナ禍において、文化を廃れさせないためにどうしたらいいかが問われています。“ロッキング・オンは10月、冬フェスの代表カウントダウン・ジャパンを再開すると発表した。「生き残りを模索しながら、この状況下で戦っています」。渋谷のコメントである。”重要なのは幸いにも改善してきた状況に合わせて、私たち一人ひとりの認識も変化させていくことではないでしょうか。

  • がん10年生存率、58.9% 改善傾向続く 「治すことができる」

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月10日22時3分 投稿

    【視点】がん治療の進歩を示すデータです。ただし、こうした治療の進歩を逆手に取り、科学的根拠の弱い施術を“最新のがん治療”と称して高額で行う医療機関の問題もかねてから提起されています。このニュースは標準治療と呼ばれる、現時点で最善の治療法が進歩していると読み替えてよく、決して最新をうたう治療がいいものというわけではないことに注意が必要です。

  • 抗原検査キット、130万個自主回収 政府が高齢者施設にも配布

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月9日23時56分 投稿

    【視点】精度に難のある機器を使った検査では、“偽りの安心”しか提供できません。以前取材させていただいた識者が「安心は安全から」とおっしゃっていましたが、ともすると「安全より安心」に陥ってしまう社会では、こうしたニュースには気を配っておきたいものです。

  • 新型コロナ対策で5段階の新指標案 政府の分科会、医療逼迫度を重視

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月8日11時51分 投稿

    【視点】新型コロナ対策の新指標案についての続報です。“レベル3(対策を強化すべきレベル)は緊急事態宣言を発出する段階で、3週間後に確保病床が埋まると判断された場合が対象。従来のステージ4(感染爆発)やステージ3(感染急増)の最終局面にあたる。”ワクチンの接種が広がり、新規感染者数の増減が医療に直結しないことを受けたもの。指標を「医療への影響」に絞り打ち出すことは、続くwithコロナの生活を元に戻していくためにも必要なステップと言えそうです。

  • コロナ予算21兆円が繰り越し、執行6割ほど 「不用」認定のものも

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月5日21時5分 投稿

    【視点】コロナ禍という未曾有の事態の裏で起きていたこと。“中小企業などを支援する「持続化給付金」では、業務委託が繰り返され最大9次までに及んだと指摘。延べ700社以上が絡む複雑な業務体制になり、国の管理が行き届かない状況だったとした。”こうした検証と、それを今後の施策に反映することは建設的です。また、ただでさえ急ぎ整えなければならなかったはずのロジが、どうしてここまで複雑になったのか、さらなる調査が待たれます。

  • NYの飲食店「店員が足りない」 回復基調の米経済、物価上昇が加速

    朽木誠一郎
    朽木誠一郎
    朝日新聞記者=医療、ネット
    2021年11月4日21時1分 投稿

    【視点】withコロナ、もしかしたらafterコロナの一例とも言えるかもしれません。“世界的な生産現場や物流の混乱も手伝って、製品やサービスの供給が旺盛な需要に追いつかない「供給制約」の状況に陥っている。”店主の「人手不足で売り上げが抑えられている。コロナ禍を乗り越え、やっとお客さんが戻ってきたのに悔しい」というコメントは、少しずつ日常を取り戻しつつある日本でも、やがて実感を伴うものになっていくのでしょうか。

コメンテーター一覧