水野梓

水野梓みずのあづさ

withnews編集長=生きづらさ
関心ジャンル:

最新コメント一覧

  • 牛乳の印象を変える放牧の味 ミルクスタンドが東京・吉祥寺に誕生

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年8月10日11時27分 投稿
    【視点】

    自営業をしていた77歳のお父さんが事故を起こしたことをきっかけに、放牧牛乳にフォーカスしたミルクスタンドを始める――。 木村さんのそんな挑戦は、withnewsでもコラムとしてつづってもらっています。 ◆「レバーをひねってミルク」の

  • ジェンダーレス水着を選択肢に 「悩みは男女共通」向き合った開発者

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年8月8日9時54分 投稿
    【視点】

    プールサイドで体型をからかわれた思い出がよみがえり、自分の子ども時代にほしかった……!と心から思いました。 からだの毛がコンプレックスになっている子も着やすいんじゃないかと思います。 外見について周りがからかう、価値観を押しつける行

  • 「投票ウィって外食」から21年 飯田圭織さんが秘める2コーラス目

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年7月5日12時6分 投稿
    【視点】

    まさに「ザ☆ピ~ス!」世代なので、投票のたびにこの歌詞を思い出します。 10日が忙しければ、期日前で「投票ウィって外食」しましょう(べつに外食でなくてもいいのですが笑)。日曜まで毎日が投票日ですもんね。 飯田さんの「選挙って、子

  • 半世紀の節目も「ただの1日さあ」 郷里の居間、記者が感じた違和感

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年7月1日11時48分 投稿
    【視点】

    那覇出身の記者・安田さんが、復帰50年の沖縄の街を歩いたオーディオルポを記事化した連載「ただいま、沖縄」。末尾のポッドキャスト(全7回)もぜひ聞いてほしいです。 わたしは沖縄出身ではありません。でも沖縄の問題は気になるし、戦跡を巡る旅

  • 「乳幼児にウケた」を集めました 赤ちゃん連れ歓迎の美術展、開催へ

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月30日19時36分 投稿
    【視点】

    美術館を訪れると、肩身が狭そうにベビーカーを引いていたり、子どもの手を引いて足早に鑑賞したり……といったお母さんをよく見かけます。 森美術館で開催された「Chim↑Pom展」では、子育て世代にも足を運んでほしいと、会場内に託児所が開設

  • 水原希子さんの#MeToo 性被害のない映画界へ「声上げ一歩を」

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月27日17時1分 投稿
    【視点】

    「最初はすごく恐怖を感じていました」。言葉の端々から、水原さんが苦しみながら自身の体験を発信したことが伝わってきます。 映画やドラマ、アートなどを鑑賞したあと、作品の制作環境が過酷なものだったと知ると、それに加担してしまったような思い

  • 参院選、あなたに近い政党は? 朝日ボートマッチで一致度をチェック

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月23日18時51分 投稿
    【視点】

    どこに入れたらいいか分からない…どう判断したらいいの?という方は、ぜひこのボートマッチを活用してほしいです。わたしの友人は昨年の衆院選でやったとき、意外な結果に驚いていました。 若者からの「そもそも」の疑問に答えてくれた政治部長・林さ

  • 礎の名前、指でなぞった祖父 7歳が考えた平和「ずっとポケットに」

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月23日13時31分 投稿
    【視点】

    沖縄全戦没者追悼式の中継を見ていて、徳元穂菜さんの朗読が胸に刺さりました。 平和の詩「こわいをしって、へいわがわかった」には大事なことが詰まっているなぁと思います。 <昨年、平和の礎の帰りに立ち寄ったのが宜野湾市にある佐喜真美術館。

  • 観光船沈没、忘れられない慟哭 安置所で家族を支え続けた町職員

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月23日11時32分 投稿
    【視点】

    知床半島沖の事故。町や海保の職員の皆さんが、ご家族のつらい思いを推し量り、いかに心配りをしていたかが伝わってきます。 <「ドアの外にいても、いま対面したんだ、とすぐわかる声だった」 玉置は発生直後、遺体が安置されている体育館に響いた

  • 長澤まさみさんや北村匠海さんが「投票します」 参院選向け動画公開

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月22日8時30分 投稿
    【視点】

    衆院選でも話題になった、投票を呼びかける「VOICE PROJECT」の動画。「前回の動画を見て、『出たかった』という人が何人もいた」という発起人の関根さんの言葉に、そうだったのか!と驚きました。 動画を見て、MEGUMIさんの「間違

  • 現地の報道陣に驚いた担当課長 核禁会議不参加に記者が抱いた疑問

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月21日10時50分 投稿
    【視点】

    なぜ参加しないんだろう?と疑問に思っていたので、現地にいた記者たちも同じ気持ちだったんだなと思いました。 昨年、広島を訪れたとき、体験を語れる人が年々少なくなるなか、被爆の記憶を継ぐ人たちも危機感を覚えていました。 <締約国会議では

  • スピリチュアルにひかれる理由 背景にある「母親」になる痛み

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月21日9時13分 投稿
    【視点】

    子どものアトピー治療でステロイドを使わなかったお母さんに話を聞いたことがあります。「脱ステ」を実践するクリニックに通いはじめたら、その医師は「大変でしたね」とお母さんに寄り添ってくれたそうです。 「不安な時、自分より知識もあるだろうお

  • 「映えればいい」は見透かされる 政治と若者「負の循環」変えるには

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月20日10時10分 投稿
    【視点】

    長田さんの「投票に関しては、『どこの政党や候補者に入れたかを周りに言ってはいけない』と教えられています。投票からコミュニケーションが生まれないので、投票への動機が乏しい」という指摘に、うーん、と考えさせられました。 相手に自分の考えを

  • 日本初の「津波体験館」閉館へ 入館者激減で

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月17日9時18分 投稿
    【視点】

    津波体験館、2年ほど前に訪れました。閉館するのがとても残念です。 強風が吹きつけ、振動が起こり……津波が襲来した「そのとき」を再現して体験させてくれる「津波体験館」は、とても臨場感があって怖かったのを覚えています。 たしかに展示

  • 2年前には貯金90万円あったのに 弁当配布に並ぶ26歳女性の願い

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月15日20時28分 投稿
    【視点】

    26歳の願いが「コロナ禍前のように週5日、働きたい。それだけです」……。言葉が出ませんでした。一方で、投票所に足を運ぶつもりはないと女性は話します。 若者の意識を研究している「SHIBUYA109 lab.」のZ世代を対象とした政治へ

  • マスク外す?外さない? 自分で決められない日本社会の空気感

    水野梓
    水野梓
    withnews編集長=生きづらさ
    2022年6月15日14時28分 投稿
    【視点】

    マスクをつける/つけない。 いまの日本社会では、二つの選択や考え方の間で、大きな分断が起きていることがたくさんあるなと思います。 わたし自身も、電車の中でつけていない人を見かけて「えっ!?」と思ってしまったことがありました。 でも

コメンテーター一覧