高校野球100回大会記念事業(1)「ベストゲーム47」

甲子園ベストゲームファイナル 1位は「横浜―PL学園」に

 全国高校野球選手権大会が第100回を迎えたことを記念し、夏の甲子園でみなさんの心に残る試合を投票で選んだ「甲子園ベストゲームファイナル」が決定しました。「究極のベストゲーム」に輝いたのは、4万2559票を集めた1998年の第80回記念大会準々決勝、「横浜(東神奈川) 9―7 PL学園(南大阪)」。延長十七回の熱闘でした。

 総投票数は41万2513票でした。この試合で投げた、横浜のエースで、「平成の怪物」の異名をとった松坂大輔投手は、米大リーグの投手を経て、今もプロ野球中日で活躍しています。

 2位は4万2380票を集めた2009年の第91回大会決勝、日本文理(新潟) 9―10 中京大中京(愛知)。日本文理が九回2死から猛追した試合でした。3位は4万1733票を集めた第88回大会決勝、早稲田実(西東京) 1―1 駒大苫小牧(南北海道)。斎藤佑樹と田中将大の両投手が延長十五回を投げ合った試合でした。

 全国高校野球選手権大会が2018年夏、100回の歴史的な節目を迎えたことを記念し、朝日新聞社はこの投票イベントを実施しました。

 今回は、昨年実施した「甲子園ベストゲーム47」(53万4426票)で各都道府県の1位に選ばれた試合に、99回大会の2試合を加えた計45試合の中から「甲子園ベストゲームファイナル」と題して、最も心に残る試合を、改めて投票で決めました。

 投票結果の詳細は下記サイトにてご紹介しています。

甲子園ベストゲーム(朝日新聞デジタル)

(1)1998年準々決勝 横浜―PL学園 力投する横浜の松坂大輔投手
(2)同 17回を闘い、健闘をたたえ合うPL学園(手前)と横浜の選手たち
(3)2009年決勝 日本文理―中京大中京 試合を終え、互いをたたえあう中京大中京先発の堂林(左)と日本文理先発の伊藤
(4)駒大苫小牧-早稲田実 最後の打者・駒大苫小牧の田中将大選手を三振に打ち取り、ガッツポーズをする早稲田実の斎藤佑樹投手

 

高校野球100回大会記念事業(2)
「選手権大会100回史」

 「全国高等学校野球選手権大会100回史」を朝日新聞出版から完全予約販売で刊行します。

 第100回までの約3,400試合を振り返り、名勝負や感動を再現するものです。地方大会全試合の勝敗なども掲載。日本高校野球連盟が監修し、全国大会出場全選手名が網羅された唯一の公式記録本となります。

 「甲子園(全国大会)編」「都道府県編」の上下巻で、定価1万6200円(税込み)。予約は書店、ASA(朝日新聞販売所)などでできます。

 朝日新聞出版の特設Webサイトからも予約を受け付けています。
 朝日新聞出版の創立10周年記念事業でもあります。

朝日新聞出版の特設Webサイト

朝日新聞出版 ホームページ

 

全国高校野球選手権大会100回記念
「感謝祭~ありがとう 夏100回 これからも~」

スペシャルトークショーで高校野球の思い出を語る
(左から)牛島和彦さん、金村義明さん、佐々木主浩さん

 全国高校野球選手権が100回大会を迎えるのを記念し、大阪市の市中央公会堂で7月21日、「感謝祭~ありがとう 夏100回 これからも~」(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)が開催されました。朝日新聞社の創刊140周年記念事業の一つです。

 第1部のオープニングでは、淀川工科高吹奏楽部(大阪)が、開会式での入場行進曲などを披露。続いて、夏の甲子園を沸かせた牛島和彦さん(大阪・浪商=現大体大浪商)、金村義明さん(兵庫・報徳学園)、佐々木主浩さん(宮城・東北)が、高校野球の魅力や、甲子園での思い出を語りました。

 第2部では、市立尼崎高吹奏楽部(兵庫)が、甲子園でおなじみの、「狙いうち」や「サウスポー」など応援曲メドレーを披露。最後は大会歌「栄冠は君に輝く」の演奏でイベントを締めくくりました。

 

「全日本大学駅伝50回 感謝の集い」を東京で開催

 伊勢路を駆ける全日本大学駅伝対校選手権大会が11月4日で50回を迎えるのを記念した「感謝の集い」が26日、東京都中央区の「三重テラス」で開かれました。鈴木英敬・三重県知事、皇学館大(同県伊勢市)の日比勝俊・駅伝競走部監督らが約50人を前にトークショー形式で大会の魅力を語り合いました。

 「感謝の集い」は、朝日新聞社が創刊140周年記念事業として、三重県玉城町と共催。鈴木知事は「学生日本一が伊勢で決まるのは光栄。地方の子どもたちのモチベーションも高まる」と話しました。昨年、初出場で17位に入る健闘を見せた皇学館大の日比監督も「こんなに応援されるものなのかと思った。昨年以上の成績を目指し、感動を呼びたい」と意気込みを語り、日本学生陸上競技連合の松本正之会長は「ポテンシャルは高く、箱根駅伝に追いつく人気が出ると思う」と強調しました。

 会場には、過去の大会のパネル写真なども展示され、トークショーではこれまでの大会の歴史や、区割りが変更となる今年のレースの見どころなども紹介されました。

 トークショーの後は、朝日新聞創業者の村山龍平の出身地でもある玉城町のPRや名産品のプレゼントなどもありました。

 

秩父宮賜杯 全日本大学駅伝対校選手権大会

写真(1)
写真(2)

(写真1)49回大会の5区で競り合う選手たち
(写真2)第1回全日本大学駅伝で、トップでゴールした日体大の石倉選手=1970年3月、三重県伊勢市の伊勢神宮