創刊140周年へ 記念事業を展開

 朝日新聞は1879(明治12)年に大阪で創刊し、その9年後に東京でも発行を始め、激動する近現代史の中で報道機関の使命を担ってきました。2019年1月25日に創刊140周年を迎えるにあたり、企業理念「ともに考え、ともにつくる」にふさわしい記念事業を展開していきます。皆さまと刻んできた歴史に感謝し、豊かな暮らしに役立つ総合メディア企業としての歩みを加速させます。

 民間企業による宇宙開発の様々な挑戦を伝える報道や企画、がんとの共生社会を目指す「ネクストリボン」や、認知症になっても安心して暮らせる社会づくりに取り組む「認知症フレンドリー」といったプロジェクトを展開します。

 朝日新聞社が所有する歴史的な写真の保存・活用、地球規模の課題解決を探る朝日地球会議、AI(人工知能)やロボットをテーマとするイベントを開催します。

 2018年に100回の節目を迎える全国高校野球選手権大会や、第50回全日本大学駅伝対校選手権大会を盛り上げるイベントのほか、名作誕生展やプーシキン美術館展、ムンク展など魅力的な文化事業も開催します。

記念事業ラインナップ

 

「ともに考える」

【民間の宇宙開発を支援】
 紙面や朝日新聞デジタルで紹介。「宇宙新時代」企画など
【がんとの共生社会目指す】
 「ネクストリボンプロジェクト」。2月4日にシンポ開催
【認知症フレンドリープロジェクト】
 認知症になっても安心して暮らしていける社会作りに取り組む
【朝日地球会議】
 朝日新聞の旗艦フォーラムを2018年、19年も開催
【「八月の歌」】
 「平和」の短歌募集。岐阜県高山市での表彰イベントが今年8月で10回目
【AI・ロボットと描く未来】
 生活者向けのシンポや展覧会
【朝日教育会議2018を開催】
 未来を切り開くための提言

「ともに考える」詳細ページへ

 

「歴史」

【写真アーカイブ】
 ・朝日新聞社所蔵の貴重な写真資源の永久保存とデジタル化の推進
 ・歴史的写真に位置情報を付与
【北海道150年のイベント】
 北海道の開拓史をたどる記念シンポやウオーキングイベント、
 重大ニュースの発表
【伊勢湾台風から60年】
 2019年、名古屋市で防災シンポ

「歴史」詳細ページへ

 

「文化事業」

【中之島香雪美術館開館記念展】(2018年3月~2019年2月)
【名作誕生展】
 美術雑誌「國華」創刊130年記念(2018年4月~5月 東京国立博物館)
【プーシキン美術館展】
 (2018年4月~7月 東京都美術館、同7月~10月 大阪・国立国際美術館)
【藤田嗣治展】
 (2018年7月~10月 東京都美術館、10月~12月 京都国立近代美術館)
【ムンク展】(2018年10月~2019年1月 東京都美術館)

「文化事業」詳細ページへ

「志野茶碗 銘 朝日影」
(桃山時代、17世紀) Ⅰ期に展示
 

「スポーツ」

【高校野球100回大会記念】
 ・ベストゲーム47
  (都道府県ごとに代表校のベストゲームをWebと紙面で紹介)
 ・100回史刊行(公式の記録本を発行。甲子園編、都道府県編)
 ・感謝祭(2018年夏、大阪市中央公会堂で。元球児のトークなど)
【全日本大学駅伝50回記念】
 伊勢路を走る大学駅伝。三重県などの協力を得て東京でイベント

「スポーツ」詳細ページへ