第65回日本伝統工芸展 19日から東京・日本橋で

 伝統工芸の優れた技と美を競う、日本最大規模の公募展です。朝日新聞社賞を受賞した金城一国斎さんの「切金螺鈿(らでん)箱『青麦』」=写真=など、入賞16点を含む入選622点(応募総数1517点)と、遺作3点を展示します。東京のあと全国11会場を巡回します。

 ◇19日[水]~10月1日[月]、東京・日本橋三越本店
  (03・3241・3311)。午前10時~午後7時(最終日は午後6時閉場)
  入場無料

 ◇部門別入選数
  陶芸209点、染織95点、漆芸85点、金工56点、木竹工87点、人形34点、諸工芸56点
  入選者名簿は 日本工芸会のホームページ で紹介しています

 (文化庁、日本工芸会、朝日新聞社など主催)