慶応大学でフェイクニュースを考えるシンポ

 世界中で様々な問題を引き起こしている「フェイクニュース」をじっくり考えるシンポジウムが12月13日午後4時半から、慶応大学三田キャンパス北館ホールで開かれます。

 パネラーはメディアアクティビストの津田大介さん、エッセイストで東京大学大学院情報学環客員研究員、朝日新聞パブリックエディターでもある小島慶子さん、沖縄タイムス東京支社報道部長の西江昭吾さんで、討論者として慶応大学法学部教授の大石裕さん、司会・コーディネーターは松本一弥・朝日新聞夕刊企画編集長が務めます。

 入場無料。一般の方々も聴講できます。ただし事前申し込みが必要で、
 申し込みは法学部ウェブサイト(http://www.law.keio.ac.jp/demonstration/)へ

 定員150人で、定員になり次第締め切ります。

 (朝日新聞社)