映画「泣くな赤鬼」14日から公開

 挫折した元高校球児の教え子と、10年ぶりに再会した教師。失われた絆を取り戻そうともがく2人の魂の交流を描いた感動作です。ベストセラー作家、重松清の同名の短編が原作。
 かつて鬼のような熱血指導で「赤鬼」と呼ばれた先生(堤真一)=写真右=は、教え子の「ゴルゴ」(柳楽優弥)=同左=と病院で再会します。才能はあるのに努力できず、野球部も高校もやめてしまったゴルゴ。厳しく接した過去を悔いていた先生は、ゴルゴが末期がんで余命半年と知り、動き出します。監督は兼重淳。川栄李奈、麻生祐未、竜星涼、キムラ緑子らが出演。主題歌は竹原ピストル。

◇14日[金]から全国公開。前売り券(1400円)を販売中

 (朝日新聞社ほか製作)