第68回朝日広告賞、作品を募集

 今年で68回目を迎える朝日広告賞は1952年の創設以来、優れた新聞広告を顕彰し、若手クリエーターの育成と広告文化の発展に寄与してきました。

●一般公募の部
 広告主から提示される課題で新聞広告作品を制作し、応募してください。課題は先行して一部を9月下旬、全課題一覧を11月下旬および来年2月中旬の計3回、本紙広告欄に掲載します(予定)。締め切りは2020年3月9日[月]消印有効。

 ◇賞
    朝日広告賞  1点(賞金200万円)
   準朝日広告賞  3点(同50万円)
       入選 10点(同10万円)
    小型広告賞 若干点(同10万円)
    審査委員賞 若干点(同10万円)
    学生奨励賞 若干点(同10万円)
  朝日新聞読者賞  1点

●広告主参加の部
 朝日広告賞に参加した広告主が、今年4月から来年3月末までの間、朝日新聞紙上に掲載した広告を顕彰します。

 ◇賞
    朝日広告賞  1点(副賞100万円)
   準朝日広告賞  3点(同50万円)
      部門賞 10点(同30万円)
     準部門賞 10点(同10万円)
    小型広告賞  2点(同10万円)
  朝日新聞特別賞 若干点(同30万円)
  朝日新聞読者賞  1点

 ◇審査委員(順序不同・敬称略)
       両部担当=浅葉克己、葛西薫、川口清勝、国井美果、副田高行、タナカノリユキ、高田覚
   一般公募の部担当=児島令子、佐々木宏、佐藤卓、瀧本幹也、中島信也、箭内道彦
  広告主参加の部担当=川村元気、照井晶博、中島祥文、原研哉、山口進(予定)

 ◇入賞発表 2020年7月中旬本紙上(予定)

 ◇詳細はhttp://www.asahi-aaa.com/(朝日広告賞サイト)をご覧ください

 

(朝日新聞社)