第34回「WE LOVE トンボ」
絵画コンクール 入賞作品決定

 「WE LOVE トンボ」絵画コンクールは、美しい自然のシンボルであるトンボを愛し守る心を育むために毎年夏に開催しています。第34回となる今回は、全国の小・中・高生から142,982点もの応募があり、10月13日に開催された最終審査会で224点の入賞作品が決まりました。

 

 審査委員長を務める作家でファーブル昆虫館館長の奥本大三郎氏は「34回目を迎えた「WE LOVE トンボ」絵画コンクールは、全国から14万点を超える作品が寄せられ、多くの子どもたちのさまざまな熱いメッセージを受け取りました。審査員一同、深く感動いたしました。

 作品全体の印象としては、描き方が上手であることはもちろんですが、構図に工夫があり、画材の使いこなし方が年々うまくなってきていると思いました。
 最近はインターネットからも多くの情報を得ることができるので、資料や参考になる画像が豊富です。 これらの影響なのか、漫画的な人物や、話題になっていることを取り入れた作品が見受けられました。

 猫や鉄道などは、テレビや雑誌でも人気ですし、パワースポットと呼ばれる神社やお寺なども注目されて、今回の作品でも多く見かけました。流行に敏感なことはよいことですが、台風や大雨、夏の暑さなどの異常気象による自然環境の変化も注目してはどうでしょう。自然のシンボルであるトンボがテーマのコンクールですから、これらの点も作品に活かされることを期待します。

 トンボ自体の描写では、複眼と呼ばれる目の印象が強く、羽の翅脈も細かく描かれています。
 まずはしっかり観察することが大切で、細密画風を目指すのなら正確に、簡単に描くのなら自分らしい表現を考えてください。毎回のように伝えていますが、生きたトンボをぜひ見に行ってほしいと強く思いました。」と感想を述べました。

個人の大臣賞ならびに金賞受賞者は次の通りです。(敬称略)

 

【大賞・文部科学大臣賞】

横田 希心  (茨城県日立市・大久保小学校2年)

池田 章透  (大阪府守口市・さつき学園3年)

小山 蒼太  (山形県山形市・第三小学校4年)

森重 迅翔  (山口県周南市・秋月小学校5年)

天満 凌玖  (神奈川県茅ヶ崎市・松林小学校6年)

瀬尾 舞   (愛知県名古屋市・
        愛知教育大学附属名古屋中学校3年)

安積 明里  (兵庫県上郡町・
        兵庫県立大学附属高等学校3年)


 

【大賞・環境大臣賞】

環境大臣賞(小学6年生の部)
奥新太朗さんの作品

生川 貴博  (大阪府藤井寺市・四天王寺小学校1年)

門阪 奈々香 (和歌山県和歌山市・和佐小学校2年)

西村 海琳  (愛媛県松山市・潮見小学校3年)

室田 博輝  (兵庫県明石市・大久保南小学校4年)

鈴木 七海  (埼玉県越谷市・明正小学校5年)

奥 新太朗  (滋賀県大津市・真野小学校6年)

橋本 有平  (奈良県奈良市・帝塚山中学校3年)

多鹿 咲姫  (兵庫県小野市・小野高等学校1年)


 

【金賞・朝日新聞社賞】

朝日新聞社賞(中学生の部)中学1年
益子芽生さんの作品

益子 芽生  (茨城県日立市・大久保中学校1年)

安藤 泉実  (香川県高松市・高松工芸高等学校2年)


 

【金賞・朝日小学生新聞賞】

宇野 琴実  (大阪府貝塚市・津田小学校1年)

遠藤 名南  (茨城県那珂市・菅谷東小学校2年)

櫻井 美玖  (兵庫県明石市・魚住小学校3年)

宮内 蒼真  (愛知県岡崎市・羽根小学校4年)

山下 真央  (長崎県長崎市・形上小学校5年)

深田 あおい (福岡市中央区・平尾小学校6年)


 

【金賞・日本トンボ学会賞】

勝部 琴葉  (京都府舞鶴市・白糸中学校2年)

山本 優   (愛知県名古屋市・工芸高等学校2年)

 

【金賞・トンボと自然を考える会賞】

中村 彩乃  (福岡県春日市・春日野小学校1年)

平山 瑛史  (長崎県壱岐市・渡良小学校2年)

鈴木 歩   (東京都府中市・明星小学校3年)

八木 千怜  (茨城県つくばみらい市・小絹小学校4年)

小林 凌生  (群馬県高崎市・馬庭小学校5年)

城戸 武蔵  (千葉県市原市・若宮小学校6年)

 

【金賞・トンボ学生服賞】

赤澤 茜梨  (徳島県徳島市・徳島文理小学校1年)

堀 葵翔   (岐阜県大垣市・南小学校2年)

橋本 桜   (埼玉県越谷市・花田小学校3年)

高松 陽南子 (兵庫県神戸市・藤原台小学校4年)

星野 伶奈  (埼玉県吉川市・栄小学校5年)

柳橋 咲花  (埼玉県春日部市・正善小学校6年)

本好 琉奈  (愛媛県西条市・河北中学校3年)

今村 菜実  (鹿児島県鹿屋市・鹿屋養護学校高等部3年)

 

◆ 銀賞 ◆ 40人 ◆ 銅賞 ◆ 64人  ◆ 入選 ◆ 80人

 ※11月16日頃、株式会社トンボ 公式サイトで入賞作品224点を発表します。

 


 

【主催】 朝日新聞社・朝日学生新聞社

【後援】 文部科学省・環境省・全国都道府県教育委員会連合会ほか

【協力】 株式会社サクラクレパス

【協賛】 株式会社トンボ 【→ 公式サイトはこちら】

▲このページのTOPへ