第24回手塚治虫文化賞 マンガ大賞最終候補8作品決定

受賞作の予想投票も実施

 

 株式会社朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:渡辺雅隆)が主催する第24回手塚治虫文化賞の最優秀作に贈られるマンガ大賞に、下記8作品が最終候補作品としてノミネートされました。最終選考会を経て4月下旬ごろ、朝日新聞紙上と朝日新聞デジタルで結果を発表する予定です。

 

マンガ大賞 最終候補作品 (作品名は50音順、敬称略)

『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴(集英社)
『児玉まりあ文学集成』 三島芳治(リイド社)
『銃座のウルナ』 伊図透(KADOKAWA)
『SPY×FAMILY』 遠藤達哉(集英社)
『ニュクスの角灯』 高浜寛(リイド社)
『ブルーピリオド』 山口つばさ(講談社)
『夜光雲のサリッサ』 原作:松田未来、作画:※Kome(徳間書店)
『ロボ・サピエンス前史』 島田虎之助(講談社)

※8名の社外選考委員による投票と、「関係者推薦」(書店員・マンガ関係者・読者からの推薦、得票1位は『鬼滅の刃』)をもとに選ばれました。

 

 選考委員は秋本治さん(漫画家)、杏さん(俳優)、桜庭一樹さん(小説家)、里中満智子さん(マンガ家)、中条省平さん(学習院大学フランス語圏文化学科教授)、南信長さん(マンガ解説者)、みなもと太郎さん(漫画家・マンガ研究家)、ヤマダトモコさん(マンガ研究者)の8名と、弊社の執行役員編集担当、東京本社文化くらし報道部長です。

 

◆マンガ大賞の予想投票を実施します
 マンガ大賞をどの候補作品が受賞するかを予想する投票を実施します。大賞受賞作に投票した方から抽選で5人へ6月4日(木)に都内で開催予定の贈呈式ペア招待券をプレゼントします。
 応募サイト http://t.asahi.com/24tezuka へ。3月31日締め切りです。

 

手塚治虫文化賞

 日本のマンガ文化の発展、向上に大きな役割を果たした手塚治虫氏の業績を記念し、志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的に、朝日新聞社が1997年に創設しました。年間を通じて最も優れた作品の「マンガ大賞」のほか、「新生賞」「短編賞」「特別賞」があり、鉄腕アトム像と賞金が贈られます。

公式サイト https://www.asahi.com/corporate/award/tezuka/