朝日地球会議2020〈新しい未来のための5日間〉

 

〈新しい未来のための5日間〉10月11日(日)~15日(木)
朝日地球会議2020〈初のオンライン配信〉で開催

「持続可能な開発目標(SDGs)」に向け、ともに考えます
株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、10月11日(日)~15日(木)の5日間にわたり、国際シンポジウム「朝日地球会議2020」をオンライン開催します。

*登壇者・プログラムの詳細は公式サイト(http://t.asahi.com/awf20prt )をご覧ください。

*取材を希望される場合は、お手数ですが、公式サイト末尾の取材・報道用受付フォームに 10月6日午後5時までにご登録ください。

今年は「新しい未来のための5日間」をメインテーマに一般の来場者を会場にお招きせず、オンライン配信のみのイベントとします。

■主なセッションのテーマと登壇予定者(敬称略)
【10月11日(日)】

◇「『未来の東京』を見据えたサステナブル・リカバリーの推進」 小池百合子東京都知事

◇「これからの生きかたと死にかた コロナ禍で私たちはひっそりと動物になっていく 」
落合陽一(ピクシーダストテクノロジーズCEO )/竹下隆一郎(ハフポスト日本版編集長)

◇「"不要不急のチカラ"~コロナ禍で考える五輪、音楽の価値」 辻仁成(在仏作家)ほか

◇「オンライン教育のあした」 夏野剛(ドワンゴ代表取締役)/平川理恵(広島県教育長)

◇「SDGsしないのん?」 のん(女優・創作あーちすと)/根本かおる(国連広報センター所長)

【10月12日(月)】

◇来賓あいさつ 茂木敏充外務大臣

◇来賓あいさつ イナ・レーペル駐日ドイツ大使

◇「資本主義と民主主義を根こそぎに?」 グレン・ワイル(米政治経済学者)ほか

◇「コロナと気候危機」 ポール・マデン駐日英国大使/高村ゆかり(東大教授)ほか

◇「コロナ危機と文化」 多和田葉子(在独作家)ほか

【10月13日(火)】

◇「サーキュラーエコノミーを目指して」 トム・ザッキー(米テラサイクルCEO)/メラティ・ワイゼン(バイバイ・プラスチックバッグ創設者)/国谷裕子(キャスター)

◇「あの石が、 あのゴミが資源になるなんて!」 押切もえ(モデル)ほか

◇「危機に負けない居場所づくり~子ども食堂の実践から」 湯浅誠(むすびえ理事長)ほか

◇「地球の課題解決への挑戦 あなたの行動が未来をつくる」 水溜りボンド(動画クリエイター)ほか

【10月14日(水)】

◇「気候変動と生物多様性」 甲斐沼美紀子(地球環境戦略研究機関研究顧問)ほか

◇「フードテックと持続可能社会」 外村仁(スクラムベンチャーズパートナー)ほか

◇「未来を創る『分身技術』 コロナ禍の世界を変える?」眞鍋かをり(タレント)ほか

◇「21世紀の全体主義とは」 マルクス・ガブリエル(独ボン大教授)/姜尚中(東大名誉教授)

【10月15日(木)】

◇「ポストコロナの日本経済~財政破綻は避けられるのか」 藤巻健史(フジマキ・ジャパン代表取締役)ほか

◇「ジェンダーギャップ克服へ 私たちができること」 青野慶久(サイボウズ代表取締役社長)/SHELLY(タレント)

◇「尊厳と連帯~英国と日本の経験から」 ブレイディみかこ(在英コラムニスト)ほか

 

<主催> 朝日新聞社 <共催> テレビ朝日

<特別協賛> 旭硝子財団、アデランス、NTTグループ、サントリーホールディングス、 ソーダストリーム、凸版印刷、パナソニック

<協賛> 住友林業、トヨタ自動車

<協力> グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、日本マーケティング協会、 朝日学生新聞社、CNET Japan、ハフポスト日本版

<特別共催> 東京大学未来ビジョン研究センター

<後援> 外務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省

一般視聴申し込みはこちら( http://t.asahi.com/awf20prt)から。参加無料。