朝日地球会議2020で語られた「ハードルを感じないSDGs」とは?

のんさんが創作したSDGsキャラクターも発表

 

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、10月11日(日)~15日(木)に朝日地球会議2020をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションでは、女優・創作あーちすとの、のんさん、国連広報センター所長の根本かおるさん、withnews編集長の奥山晶二郎の3名が鼎談しました。

官民の団体でつくる「ジャパンSDGsアクション推進協議会」からSDGs people第1号に選ばれたのんさんは、「ハードルを感じないSDGs」のために創作したSDGsキャラクターの発表をしました。
根本さんは、「SDGsをみんな一緒にやってみよう」という考えのもと、仲間を作って一つの方向に向かっていく大切さについて訴え、さまざまな立場の人たちと力を合わせていくことの重要性について話しました。
奥山編集長は、新聞などのメディアが伝えてきたSDGsについて、"正解"を示すことだけでなく、「ハードルを感じないSDGs」のためのできる取り組みについて話しました。

のんさんが発表したキャラクターは「SDG子(えすでぃーじーこ)」「SDG夫(えすでぃーじーお)」「咲きちゃん」「しろちゃん」の4人で、のんさんは、「この4人で切磋琢磨してSDGsに取り組んでいく、そんなキャラクターを描きました」と語りました。SDGsを身近にとらえるキャッチフレーズ「地球に恩を売っていこう」を柱に、地球を持続可能にしていく「申し子」であることも説明されました。 根本さんはキャラクターについて「若い世代で(SDGsの)認知度が上がっていて関心も高まっているが、さらに(世代を)下げて就学する前の幼稚園児や保育園児も関心をもってくれるのでは」と語り、「のんさんの得意な読み聞かせもして、広めていただきたい」と期待を寄せました。

イベントの最後に奥山編集長はのんさんのキャラクターを活用したwithnewsでの連載企画を展開していく意気込みを語りました。また、根本さんはメディアも関わったSDGsの取り組みは世界でも珍しいことを踏まえ、「日本ではこんな素晴らしいことが行われていることを、国連の場を通じてグローバル配信するお手伝いができれば」とエールを送りました。

 

地球会議2020のプログラム「SDGsしないのん?」の模様は、朝日新聞デジタルでアーカイブ動画が配信され、会員限定でご覧いただけます。 https://www.asahi.com/special/awf/