2020年度 朝日賞決まる

 朝日新聞文化財団が贈る2020年度の朝日賞は次の4件、5氏に決まりました。28日に東京都内で贈呈式を開き、正賞のブロンズ像と副賞(1件500万円)を贈ります。(敬称略・順不同)

 1月28日に予定していた2020年度朝日賞贈呈式ですが、新型コロナの感染拡大で緊急事態宣言が発出されたことなどを考慮して中止と致しました。合同で開催予定の第47回大佛次郎賞、第20回大佛次郎論壇賞、20年度朝日スポーツ賞の各賞贈呈式も中止します。

 


 

 ◇ポピュラー音楽に大きな革新をもたらした音楽活動
     
  細野 晴臣(73)
(ほその はるおみ)

 

 

 


 

 ◇写真の本質を問い続けた60年の実践
     
  森山 大道(82)
(もりやま だいどう)

 

 

 


 

 ◇量子情報技術の発展に資する超伝導量子ビットの創出
     
  蔡  兆申(68)
(ツァイ ヅァオシェン)

 

 


  中村 泰信(52)
(なかむら やすのぶ) 

 

 

 

 

 


 

 ◇調和バンドルとツイスターD加群の研究
     
  望月 拓郎(48)
(もちづき たくろう)