小川榮太郎氏ならびに飛鳥新社に対する訴訟の判決について

 小川榮太郎氏の著書「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の記述は事実に反し名誉毀損にあたるとして、朝日新聞社が小川氏と出版元の「飛鳥新社」を訴えていた裁判で、東京地裁は3月10日、朝日新聞社の主張をほぼ認め、小川氏と飛鳥新社に連帯して200万円の損害賠償を支払うよう命じる判決を言い渡しました。

朝日新聞デジタルの記事はこちら
朝日新聞社のコメントはこちら
判決全文(住所などを一部消しています)はこちらです。
訴訟提起時のお知らせはこちらです。

 

2021年3月10日