花の美しさを多彩に表現した南北朝から清時代の中国陶磁約90点を集めた展覧会です。中華(中国)の美しい花」という意味を込めた本展では、中国陶磁史から花の表現の魅力に迫ります。

 写真は「闘彩束蓮文鉢(とうさいそくれんもんはち)」〈景徳鎮窯 清時代 東京国立博物館/ColBase〉。

  • 10月9日[土]~12月12日[日]
  • 愛知県陶磁美術館(瀬戸市)
  • 午前9時30分~午後4時30分。入館は午後4時まで。月曜休館
  • 一般900円、高校・大学生700円、中学生以下無料
  • 問い合わせは同館(0561・84・7474)

(愛知県陶磁美術館、朝日新聞社主催)