司馬遼太郎の大ベストセラー小説「燃えよ剣」を名匠・原田眞人監督が映画化しました。司馬作の「関ケ原」に続く原田監督作品。動乱の幕末に6年だけ存在した新選組と、その副長・土方歳三(岡田准一)=写真右=の人生を壮大なスケールで描きます。

 武蔵国多摩郡石田村(現在の東京都日野市)に農家の子として生まれた土方。武士になることを夢見て、近藤勇(鈴木亮平)や沖田総司(山田涼介)=同左=ら同志と京都へ向かいます。徳川幕府を後ろ盾に、京都市中を警護する新選組が結成され、土方は組織を率いて活躍しますが、時流は倒幕へ傾いていきます。出演は他に柴咲コウ、伊藤英明ら。

  • 15日[金]から全国で公開
  • 前売り券(1500円)を販売中

(朝日新聞社ほか製作)