高倉健主演の映画「鉄道員(ぽっぽや)」(降旗康男監督、1999年公開)=写真、©1999「鉄道員(ぽっぽや)」製作委員会=を初のシネマ・コンサートとして上演します。

 雪深い北海道を舞台に、寡黙で不器用な男性の生きざまを描いた本作。セリフなどはそのままに、音楽部分をフルオーケストラで演奏、全編上映します。栗田博文指揮、主題歌を坂本美雨が歌います。

  • 2022年2月12日[土]午後5時、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホール
  • S席9800円、注釈付きA席 (※スクリーンの一部が見えづらい席) 7800円、3歳未満は入場不可
  • 問い合わせはディスクガレージ(050・5533・0888=平日正午~午後3時)

    公式サイトはこちら

(朝日新聞社など主催)