朝日新聞社(代表取締役社長:中村史郎)がロレックスの支援で2020年に立ち上げた『SATO~次世代に残したい里~』プロジェクトが、2021年12月に最終回となる第10回の記事を公開し、完結しました。

 朝日新聞社は2008年に朝日新聞創刊130周年と森林文化協会創立30周年の記念事業として「にほんの里100選」という取り組みを行いました。それから10年以上が経ち、高齢化や過疎化などの問題を抱える“里”は、持続可能性が危ぶまれています。

 改めて、日本の里を守るべく、若い世代が環境への理解を深め、話題喚起と議論のきっかけとなるプロジェクトを目指し、2020年に『SATO~次世代に残したい里~』を立ち上げました。同年2月にプロジェクトサイトをプレローンチしたのち、全国10カ所の里を取材した内容を記事や動画、写真を通じて発信してきました。

プロジェクトサイト内コンテンツの一部を抜粋

 プロジェクトのナビゲーターは、「にほんの里100選」の選考委員も担ったあん・まくどなるど氏(上智大学大学院 地球環境学研究科教授)が務めました。また、第8回と第9回では、モデルの知花くららさんをゲストナビゲーターとしてお招きしました。里に赴き、暮らす方々の営みを見聞きし、対話することを通じて、それぞれの里が持つ魅力や課題を掘り起こしました。

 美しい写真の数々は、インスタグラムで多大な人気を集めるフォトグラファー・保井崇志さんと岩倉しおりさんが撮影。お二人それぞれのスタイルで撮影された写真は、里に新鮮な印象をもたらしてくれるものとなりました。

著名フォトグラファーによる美しい写真も多数掲載

 『SATO~次世代に残したい里~』プロジェクトで訪れた全国10カ所の里の記事は、 こちらからお読みいただけます。
第1回「福島県・猪苗代湖」
第2回「長野県・遠山郷/下栗の里」
第3回「東京都・小野路」
第4回「岩手県・厳美/萩荘」
第5回「滋賀県・円山/白王」
第6回「宮城県・蕪栗沼」
第7回「秋田県・八森」
第8回「京都府・伊根湾の舟屋群」
第9回「福岡県・星野村」
第10回「北海道・浜中町」

『SATO~次世代に残したい里~』

 ご協力頂いた全ての皆さまに改めて感謝申し上げます。プロジェクトサイトとインスタグラム、フェイスブックは引き続き公開中ですので、ぜひご覧ください。

 *ロレックスは2019年より、「パーペチュアル プラネット イニシアチヴ」を開始し、世界中で環境保護のために活動する人々や団体を支援しています。