株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:中村史郎)は、イタリアファッション評議会(Camera Nazionale della Moda Italiana、以下CNMI)との間でミラノ・ファッションウィーク(以下MFW)のライブ配信コンテンツを日本国内で独占的にストリーミング配信する「ストリーミングパートナー」契約を2020年から引き続き締結しています(20年7月、9月、21年1月、2月、6月、9月開催)。1月14日(金)から各ブランドの発表が始まる2022/23年秋冬メンズコレクションの模様について、朝日新聞デジタルのMFW特設ページにて、ストリーミング配信をいたします。

 MFWは、パリ、ニューヨーク、ロンドンと並ぶ、世界4大ファッションコレクションのひとつです。イタリア現地時間の1月14日(金)から1月18日(火)まで開催され、2022/23年秋冬メンズコレクションのライブコンテンツを世界中の観客に向けてデジタル配信いたします。日本では朝日新聞社、中国ではTencent、ロシアではKommersant Publishing Houseがストリーミングパートナーとして参加します。

 朝日新聞社のニュースサイト「朝日新聞デジタル」上では、ファッションウィーク関連の特設ページを開設しており、各ブランドのコレクションの模様をリアルタイムでストリーミング配信するほか、関連動画の一部もアーカイブいたします。また朝日新聞のファッション担当記者によるコレクションの関連記事などを掲載し、ファッショントレンドの最前線を紹介します。

朝日新聞デジタル「MFW特設ページ」について

 昨年に引き続き、デジタル領域でも充実した取り組みとなるミラノ・ファッションウィーク(MFW)。ライブ配信コンテンツを日本国内で独占的に伝える「ストリーミングパートナー」の朝日新聞社は、MFW特設ページにて、1月14日(金)~18日(火)に発表されるメンズのMFWの模様を、多彩な動画や写真、独自の解説記事などを交えて報道していきます。

 BRUNELLO CUCINELLI、DOLCE & GABBANA、TOD'S、ETRO、PRADAなどの各ブランドに加えて、今回より1017 ALYX 9SM、JW ANDERSONが参加するMFWを、日本語環境にてイタリア・ミラノとリアルタイムでお楽しみいただくことができます。MFWの会期終了後も、各ブランドや世界の各コレクションの最新動向に加え、朝日新聞のファッション関連記事を随時お届けします。