絵本作家ヨシタケシンスケ初の大規模個展が9日[土]に開幕します。

 日常の中で生まれた妄想やアイデアがつまったスケッチの複製約2千枚を公開。デビュー作「りんごかもしれない」から最新作までの絵本原画や本展のために作家が考案した立体物など400点以上を展示し、ヨシタケシンスケの頭の中をのぞきます。写真はメインビジュアル(©Shinsuke Yoshitake)。

  • 7月3日[日]まで、東京都世田谷区の世田谷文学館。午前10時~午後6時(入館は閉館の30分前まで)。月曜休館
  • 一般千円など。日時指定券の事前購入を推奨
  • 詳細は公式サイト

(朝日新聞社など主催)