NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で注目される北条政子。「関東」の最大の危機、1221年の承久の乱に武家はどう対峙(たいじ)したのでしょうか。武家か上皇か、鎌倉か京都か。ターニングポイントとなった尼将軍・北条政子の弁舌を、日本大の関幸彦特任教授(日本中世史)=写真=が読み解きます。

 オンラインか東京・西新宿の新宿教室での受講のいずれかを選べます。

「尼将軍・北条政子の選択~その決断と戦略」

(朝日新聞社後援)