皇位継承争いから逃れて播磨に潜伏していた兄弟が、後に天皇として即位し、皇位断絶の危機を救うオケ王・ヲケ王の物語は、「日本書紀」「古事記」「播磨国風土記」に記述があります。性格の異なる三つの書物の伝承は、果たして史実なのか、虚構なのか。オケ・ヲケの物語を通して、5世紀の倭(わ)国の状況について、古市晃・神戸大大学院教授=写真=が解説します。

  • 6月21日[火]午後1時~2時30分、朝日カルチャーセンター川西教室(兵庫県川西市栄町、アステ川西3階)
  • オンライン受講も可能
  • 3740円(会員3300円)
  • 問い合わせ・申し込みは、同教室(072・755・2381)か、ホームページ