シベリウスおよびチャイコフスキーの二大国際バイオリン・コンクールで優勝し、世界の第一線で活躍するヴィクトリア・ムローヴァ=写真(©Benjamin Ealovega)=のリサイタルを開催、チケットを11日[土]から一般販売します。

 ベートーベンのソナタ第4番と第7番をガット弦で演奏、またモダンの弦を張った楽器では武満徹の「妖精の距離」やシューベルトの「ロンドD895」などを届けます。共演はアラスデア・ビートソン(フォルテピアノ/ピアノ)。

  • 11月20日[日]午後3時、東京・築地の浜離宮朝日ホール
  • 全席指定1万2千円
  • 朝日新聞読者向けの先行販売は6月8日[水]から
  • 申し込みは朝日ホール・チケットセンター(03・3267・9990、日曜祝日除く午前10時~午後6時)または浜離宮朝日ホールHPから

(朝日新聞社、浜離宮朝日ホール主催)