シンポジウム「豊かな自然をつなぐ~奄美・沖縄世界自然遺産登録記念~」を開催します。昨年7月に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄島北部及び西表島は、世界的にも希少な動植物が生息しています。IUCN(国際自然保護連合)親善大使を務めるイルカさん、山極寿一・総合地球環境学研究所長らと豊かな自然を守り、生かす方法を考えます。

  • 7月7日[木]午後1時20分、東京・築地の浜離宮朝日ホール小ホール。無料
  • 20日[水]からオンライン配信
  • 申し込みは会場参加、配信ともに公式サイト
  • 会場参加は6月23日[木]午後5時締め切り、応募多数の場合は抽選
  • 問い合わせは事務局にメール(amamiokinawa@jmcom.co.jp)で

(朝日新聞社主催、鹿児島放送・沖縄タイムス社・琉球朝日放送共催、稲盛財団・イオン環境財団協賛)