新型コロナウイルスの感染による社会の動揺は2年以上続いています。コロナで明らかになった、政治や経済、学術、メディアを含めた「日本の本質的な弱さ」とは何なのか。それは修正可能なのか。新刊「リスクを生きる」(朝日新書)を共著で出版した思想家の内田樹(たつる)さん=写真左=と感染症専門医で神戸大大学院教授の岩田健太郎さん=同右=が対談します。オンライン講座。

(朝日新聞社後援)