誰もが望んだ場所で心豊かに暮らせる地域のあり方を、精神障害がある人やその家族、支援にあたる人の視点から考えるワークショップを7月にオンラインで開催します。

 講師は、藤井千代さん(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所地域精神保健・法制度研究部長)ほか。「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」の理念のもと各地域で実践されていることや、当事者、家族の声をもとに、地域に必要な支援や環境を考え、理想の地域のあり方を参加者同士で話し合います。

(朝日新聞厚生文化事業団主催)